発達障害・知的障害

発達障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(40代・男性) 子供の頃から落ち着きがなく、怪我も多く、提出物を出すことや宿題をやることができませんでした。大学生の頃から、人と違うことに気づき、そのことで気分が落ち込むことが増えていきました。整体の仕事に就き10年ほど働いていましたが、勤務先が閉店となったことで、他の職場を探しましたが、どこの職場でも怒られ継続して働くことが出来ませんでした。とうとう働く意欲をなくし引きこもりの生
続きを読む >>

ADHDで障害基礎年金 2級を受給したケース

相談時の状況(30代・女性) 産後にイライラがひどく精神科を受診しましたが、授乳中で服薬できなかったので、直ぐに通院をやめてしまいました。子供が保育園に通うようになり、以前から自分は発達障害ではないかと疑っていたため、再び精神科を受診しました。検査を受けるとADHDと診断されました。カウンセリング治療を希望し、デイサービスに通うようになりました。家事や子育てに支障があり夫に援助してもらい生活して
続きを読む >>

中度精神遅滞 自閉症で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・男性) 中度の精神遅滞と自閉症があり家族のサポートがないと日常生活が送れる状態ではありませんでした。障害者の雇用に力を入れている会社を紹介され、十分な配慮を受けながら就労していました。自立した生活を送れるように障害年金を請求したいということでした。 社労士による見解 職場での手厚い配慮をもとに常に見守られて働くことができていました。単純な作業を繰り返ししていましたがミス
続きを読む >>

軽度精神遅滞で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・女性) 小学校は普通学級で学んでいましたが、計算が苦手で勉強についていけませんでした。教師から学習の遅れを指摘され、中学から支援学級に通うようになりました。病院でも軽度知的障害と診断され、療育手帳も取得しました。高校は特別支援学校に進学し2年間の職場実習で研修を受け、学校の紹介で介護施設に就職できました。障害者雇用で働いていましたが、昇給や退職金がないため、将来的に自立した
続きを読む >>

うつ病エピソード・広汎性発達障害・多動性障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(30代・男性) 小学生の頃から友達付き合いが苦手で、いじめにあっていました。突然、パニックになって教室から飛び出して騒ぎを起こすこともありました。専門学校での寮生活を始めましたがうまくいかず、実家で暮らすようになってから恐怖心や希死念慮が起こるようになり精神科の受診を始めました。発達障害と二次障害のうつ病エピソードがあると診断されました。通院して服薬するようになりましたが、自宅に引
続きを読む >>

発達障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(30代・女性) 子供の頃から、友達とうまく付き合うことができませんでした。興味があることには熱心に取り組みますが、興味がなくなると全くやる気がなくなり、高校も中退してしまいました。アルバイトをしても、長く働くことができず転々とし、結婚して子育てもしましたが、夫婦関係もうまくいかず子供も手放してしまいました。うつ病も発症し、希死念慮から自殺未遂を起こすなど、不安定な状態で相談にみえま
続きを読む >>

発達障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(50代・女性) 発達障害とうつ病で障害者手帳の2級を持っていました。病院のワーカーさんに手伝ってもらいながら、障害年金の申請準備をしていましたが、請求方法や書類の書き方が分からず相談にみえました。初診は中学生の頃でした。 社労士による見解 役所や病院スタッフから受ける説明が違い、認定日請求と事後重症請求について混乱していました。20歳前の傷病による障害基礎年金の制度をきちんとご
続きを読む >>

知的障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・男性) 幼少期から友達の輪に入れなくて一人で遊ぶことが多く、友達からはいじめられていました。学校の成績は普通でしたが、運動が苦手でした。専門学校を卒業して製造業に就職しましたが、同じミスを何度も繰り返し、叱られることが多く続き、体調不良で仕事に行けなくなってしまいました。病院を受診して検査を受けると知的障害と診断され、療育手帳を取得しました。 社労士による見解 療育手帳
続きを読む >>

自閉症スペクトラム障害で障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(40代・女性) 人と関わることが苦手で、仕事をしても長く続かず、何度も転職していました。落ち込んでいる様子を心配した叔母さんに勧められ病院を受診しました。統合失調症と診断され通院していましたが、医師と相性が合わず通院を中断してしまいました。人との関わりを避け家族の勤務する新聞店を手伝うようになりました。 睡眠障害があり再び別の病院を受診すると自閉症スペクトラム障害・気分変調症と
続きを読む >>

発達障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・女性) 高校3年生の時に学校に行く気力がなくなり不登校になりました。精神科を受診し、カウンセリングを受けながらなんとか卒業できましたが、卒業後は2年ほど仕事もしないで自宅に引きこもっていました。引きこもりの中、大学に進学したい気持ちが強くなり、勉強して有名大学に入学しました。しかし、入学すると人間関係がうまくできなくなりました。大学内の保健センターに相談に行き、検査を受け発達
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-570-3953
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付