発達障害・知的障害

障害等級は日本年金機構の認定医が「裁定」といわれる決定をしています。
精神障害の認定基準について詳しくはこちら、 またてんかんの認定基準についてはこちらをご覧ください。

「自分も障害年金に該当する可能性があるのでは?」と思いになった方はぜひご相談ください。
初回相談は無料です。

知的障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・男性) 20歳になった時に、母親が障害年金の請求をしましたが不支給になっていました。障害者枠で就労もしていましたが、働くことができなくなり、退職して無職になってしまいました。生活に不安を感じ、もう一度、障害年金の請求を考えたいと相談にみえました。 社労士による見解 不支給になったときの診断書は、本人から聞き取りした症状よりも随分軽く作成されていました。計算や読み書きが苦
続きを読む >>

広汎性発達障害、うつ病で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(50代・男性) 幼い頃から神経質でかんしゃく持ちで、他者と関わるのが苦手でした。学生時代は友達と遊ぶこともできず、学校でも孤立していました。近所付き合いどころか親せき付き合いも苦痛に感じ、ほとんど自宅に引きこもっていました。なんとか障害年金を受給できないかということで相談にみえました。 社労士による見解 50歳を過ぎるまで社会活動がほとんどできていませんでした。長い間引きこもり
続きを読む >>

広汎性発達障害、うつ病で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(50代・男性) 幼い頃から神経質でかんしゃく持ちで、他者と関わるのが苦手でした。学生時代は友達と遊ぶこともできず、学校でも孤立していました。近所付き合いどころか親せき付き合いも苦痛に感じ、ほとんど自宅に引きこもっていました。なんとか障害年金を受給できないかということで相談にみえました。 社労士による見解 50歳を過ぎるまで社会活動がほとんどできていませんでした。長い間引きこもり
続きを読む >>

自閉症スペクトラム障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・男性) 幼少期に多動症、就学前にはアスペルガー障害と診断されグループ療育や個人療育などで配慮を受けながら学校に通っていました。専門生になると配慮のない自力での生活が始まり日常生活に支障が出るようになりました。友だちも出来ず学校に通うことも出来なくなってしまいました。退学後は就労移行支援に通所をしていました。子供さんの将来を心配し障害年金と就労の両立ができるようにと、母親が相
続きを読む >>

多動性障害で障害厚生年金3級を受給したケース

相談時の状況(30代・男性) 幼少期から忘れ物が多く、片付けや整理整頓が苦手でした。就職してからは、人間関係をうまく築くことができず、頭痛、吐き気、腹痛などの症状始まり出勤できなくなりました。初めに通院した精神科では仮病ではないかと疑われ辛い思いをしましたが、転院して病院で発達障害の検査を受け、多動性障害と診断されました。相談時は就労支援施設で障害者雇用を目指していましたが、なかなか採用してもら
続きを読む >>

注意欠陥多動性障害・自閉症スペクトラム障害により障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・女性) 定職に付けず、アルバイトをしていましたが、仕事の指示が理解できず、勘違いや間違いから失敗ばかりして、すぐに首になっていました。おかしいと感じて病院を受診すると発達障害と診断され、服薬治療とカウンセリングを受けていました。療育手帳の更新をするために区役所を訪れた際、職員から障害年金の申請を勧められていたこともあり、今後の生活のため障害年金を申請したいと相談にみえました
続きを読む >>

注意欠陥多動性障害により障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(30代・女性) 不注意によるミスが多く、段取りの悪さを感じ気分が落ち込むようになりました。倦怠感が強く、何もする気が起きないので精神科を受診すると、ADHDと診断されました。服薬すると頭がすっきりして少し動けるようになりましたが、小学生の子供を育てながらの家事は負担が大きすぎ思うように体が動きませんでした。障害者手帳2級を取得したことで相談にみえました。 社労士による見解 赤信
続きを読む >>

注意欠陥多動性障害で障害厚生年金3級を受給したケース

相談時の状況(20代・女性) 子どもの頃、勉強はできましたが運動は苦手でした。好き嫌いが激しく、思い付きで行動することが多く、友達がなかなかできませんでした。大学を卒業し金融機関に勤めましたが、段取りが悪く仕事に大きなストレスがありました。あうんの呼吸が分からず気が利かないことで悩み病院を受診すると広汎性発達障害と診断されました。一般雇用を諦めて会社を退職し、障害者雇用で働き出しました。 社労
続きを読む >>

重度知的障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(40代・女性) 重度の知的障害があり、身の回りのことが自分でできないため全てのことを母にやってもらっていました。障害者雇用で働こうと試みたこともありましたが働くことができず、就労移行事業所に通所していました。将来のことが不安で相談にみえました。 社労士による見解 日常生活は家族の支援が無いと生活できない状態でした。また、就労で賃金を得ることは難しい状態の為、障害年金が必要だと思
続きを読む >>

自閉症スペクトラム障害で障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(40代・男性) 幼少期は、活発で後先を考えずに行動をして怪我をすることが多く、気になる事があるとそれに集中する傾向がありました。中学・高校(中退)と運動や成績はあまり得意ではなかったのですが、大検に合格しその後、大学に進学しました。しかし、大学2年で学校に行けなくなり中退してしまいました。就職しても、ミスが多く日常的に叱責され続け、何かおかしいと感じ病院を受診しました。うつ病と診断
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-570-3953
Zoomによるオンライン面談実施中。ご希望の場合はお申込みのときに「オンライン面談希望」とお伝えください。
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付