発達障害・知的障害

障害等級は日本年金機構の認定医が「裁定」といわれる決定をしています。
精神障害の認定基準について詳しくはこちら、 またてんかんの認定基準についてはこちらをご覧ください。

「自分も障害年金に該当する可能性があるのでは?」と思いになった方はぜひご相談ください。
初回相談は無料です。

うつ病で障害厚生年金3級を受給したケース

相談時の状況(30代・男性) 子どもの頃から友達と遊ぶことができず、学校ではいじめられて過ごしました。高校生になり勉強に目覚め猛勉強をしていい名門大学に進学しました。しかし大学生になっても他人と上手く関わることができませんでした。 卒業後、就職をしましたが、上司の指示が理解できず、優先順位も分からず、ミスも多いなど職場で怒られ続け、どの仕事も長く働くことができませんでした。精神科を受診するとう
続きを読む >>

うつ病・自閉症スペクトラム障害で障害厚生年金3級を受給したケース

相談時の状況(20代・男性) 子どもの頃から落ち着きがなく、いつも先生に怒られていました。勉強はあまりできなかったのですが、なんとか大学を卒業することができました。社会人になると、指示が理解できず、気が散りやすく、ミスが多かったので、会社でも問題社員として扱われていました。上司に勧められ心療内科を受診すると発達障害と診断されました。自分で障害年金を請求しましたが不支給となり相談にみえました。
続きを読む >>

広汎性発達障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・男性) 幼少期から友達との関係がうまくいきませんでした。感覚過敏があり、友達からいじめられることが多く学校でも孤立していました。高校生の時に、担任教師の勧めで病院を受診したときは、すでに入院を勧められるほどでした。卒業後も就労施設の体験をしましたが、働くことができずにずっと自宅に引きこもっていました。 社労士による見解 かなり聴覚過敏がひどい様子でした。人と関わることが
続きを読む >>

注意欠陥多動性障害で障害厚生年金3級を受給したケース

相談時の状況(30代・男性) 就職してから同期の人より仕事を覚えるのが遅く、上司に注意をされることが多いことで落ち込むようになり家にこもりがちになっていました。精神科を受診したところ注意欠陥障害を診断され、幼い頃から周りの人と何か違うと感じていた理由が分かりました。気分の落ち込みがひどく、社会復帰に時間が掛かりそうなため大きな不安を抱えていました。 社労士による見解 幼少のときから注意欠陥障
続きを読む >>

ADHDで障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・男性) 1歳半の健診の時に、周りの子どもたちと比べて動きが激しく、児童相談所に相談に行きました。幼稚園の読み聞かせはじっと聴くことができず落ち着きがありませんでした。危険な状況でも道路に飛び出すこともありました。小学生になっても勉強に興味がなく、授業中も集中できていませんでしたが、野球が大好きで、練習を一生懸命にやっていました。どんどん上手になり、実力も付き順調だった時に、
続きを読む >>

持続性気分障害・軽度知的障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(50代・女性) 産後うつを発症し、病院を受診しました。気分の落ち込みが続き、症状がなかなか改善しないため、いくつかの病院を受診したところ、軽度知的障害の可能性があると言われ、知能検査を受けました。その結果、軽度の知的障害の診断も受けました。定職に就くことができず、将来に不安を感じ相談にみえました。 社労士による見解 日常生活の様子では、金銭管理や買い物、掃除や料理などの家事にも
続きを読む >>

発達障害 ADHDで障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(50代・女性) 仕事が覚えられず人間関係の構築がうまくできないこともあり、何度も退職を繰り返していました。家事や子育てにも限界を感じ障害年金を請求しようとしましたが、初めて病院に行ったのは30年以上も前だったため、初診証明が取れず途方に暮れていました。将来に大きな不安があり相談にみえました。 社労士による見解 30年以上前から通院がありました。発達障害に二次障害のうつ病も併発し
続きを読む >>

軽度知的障害で障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・女性) 高校生の頃から学校やバイト先で嫌なことがあると死にたくなり自傷行為をするようになりました。専門学校に進学しましたが、自傷行為が止まらず友達に勧められて病院を受診しました。治療を受けながら就職をしましたが、気分の浮き沈みが激しく、落ち込むと働くことができなくなり、気分が上がると引っ越しをしたり旅行を申し込んだりすることを繰り返していました。 社労士による見解 気分
続きを読む >>

知的障害・染色体異常で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・男性) 知的障害があり療育手帳を持っていました。日常生活についてお伺いすると自力で生活していくには難しい状態でした。20歳の少し前に障害年金について聞きたいと相談にみえました。 社労士による見解 療育手帳を持っていましたが、病院の通院はありませんでした。通院していないと、診断書の準備ができないため、病院を受診していただくよう案内し、診断書が出来上がった時点で認定日請求を
続きを読む >>

知的障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・男性) 20歳になった時に、母親が障害年金の請求をしましたが不支給になっていました。障害者枠で就労もしていましたが、働くことができなくなり、退職して無職になってしまいました。生活に不安を感じ、もう一度、障害年金の請求を考えたいと相談にみえました。 社労士による見解 不支給になったときの診断書は、本人から聞き取りした症状よりも随分軽く作成されていました。計算や読み書きが苦
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-570-3953
Zoomによるオンライン面談実施中。ご希望の場合はお申込みのときに「オンライン面談希望」とお伝えください。
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付