発達障害・知的障害

障害等級は日本年金機構の認定医が「裁定」といわれる決定をしています。
精神障害の認定基準について詳しくはこちら、 またてんかんの認定基準についてはこちらをご覧ください。

「自分も障害年金に該当する可能性があるのでは?」と思いになった方はぜひご相談ください。
初回相談は無料です。

知的障害により障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・男性) 子供が20歳になり知的障害で相談にみえました。小学校、中学校は普通学級に通っていましたが、高校からは特別支援学校に通っていました。高校時代に実習に通った企業に障害者雇用枠で採用され働いていました。 社労士による見解 会社では、かなりの配慮を受けて仕事をしていました。軽度の知的障害でしたが、日常生活はご家族の援助が必要でした。働いている様子や自宅での様子をしっかり
続きを読む >>

注意欠陥多動性障害、軽度知的障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(30代・女性) 小さい頃から人とうまく関わることができず、生き辛さを感じていました。社会人になっても生き辛く、他者とも上手く関わることができませんでした。仕事をしても内容が覚えられず、いくつもの会社を転々とする日々が続きました。30歳になって初めて軽度知的障害と診断され今までの人生の出来事が腑に落ちました。就労支援事業所に紹介され相談にみえました。 社労士による見解 知的障害に
続きを読む >>

軽度知的障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(40代・男性) 幼少の頃から勉強や運動が苦手でした。定時制高校を卒業し、職業訓練を受けて就労しました。仕事が遅く、指示されても自分のやり方でしかできないためミスが多く、怒られながらも20年ほど働いていました。体調不良になり休みが続くようになると、会社から退職勧奨を受けましたが、生活ができなくなるので、温情で短時間のアルバイトとして働かせてもらっていました。給料だけでは生活できないた
続きを読む >>

知的障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・女性) 専門学校では勉強が理解できず、就職体験に行かせてももらえませんでした。就労先が決まらないまま卒業し、ハローワーク・サポートステーションなどの支援を得て求職活動をしましたが、結局、就労先が決まりませんでした。検査を受け、療育手帳Bを取得した後にB型作業所で働いていましたが、作業所での作業も理解できないことが多く、配慮を受けていました。行政書士の先生に紹介されて相談にみ
続きを読む >>

自閉症スペクトラム障害により障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・男性) 以前にもご夫婦で息子さんのため相談にみえた方でした。幼少期より集団生活が苦手で、言葉数も少なく、勉強もできなかったとのことでした。18歳で高校を卒業してから就職することができず、8年間ほぼ自宅に引きこもっていました。家族との会話もほとんどなく、着替えなどの身の回りのこともできず、家族の援助を受けていました。2年前に通院した病院で初めて自閉症スペクトラム障害と診断され
続きを読む >>

広汎性発達障害により障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(30代・男性) 幼稚園の頃から、問題行動が目立ち発達支援センターへ相談に行き療育手帳を取得していました。高校卒業後、引きこもりの生活が続いた後にA型作業所に通所するようになりました。口調がきつく、相手の気持ちを考えず余計なことを言ってしまうため、職場ではトラブルを起こすことが度々ありました。障害年金の受給ができないか相談にみえました。 社労士による見解 A型作業所では充分な配慮
続きを読む >>

ASD ADHDにより障害厚生年金3級を受給したケース

相談時の状況(20代・男性) 幼い頃はボーッとしていることが多く、他の子供が普通にできることができませんでした。小学校になっても友達と遊ぶことができず、友達からひどい虐めを受けるようになりました。中学校でも、虐められ不登校になり、自殺未遂を起こすまでになってしまいました。高校では、虐めはなくなり友人もできましたが、大学ではコミュニケーションが苦手で苦労しました。社会人になってからも、職場内の虐め
続きを読む >>

知的障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・男性) 出生時に、前頭葉の骨のつきが悪いので障害が出るかもしれないと医師に言われていました。就学前の検査で知的障害が分かり小中学校は支援級、高校は養護学校で過ごし、福祉サービスを受けながら暮らし、障害者雇用で働いていいましたが、コミュニケーションが取れなかったり、指示が理解できなかったり苦労をしているなか、ご家族から相談がありました。 社労士による見解 養護学校で療育を
続きを読む >>

発達障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(40代・男性) 他者と関わることが苦手で、若い頃から転職を繰り返していました。無職の期間も長く、借金の返済ができなくなり自己破産もしました。音や光、臭いなどの感覚過敏が強く、生活に大きな支障がありました。自宅に引きこもり仕事もできていませんでした。 社労士による見解 過去に発達障害と診断されたことがありませんでしたが、聞き取りの内容から発達障害の可能性が高かったため、発達障害を
続きを読む >>

うつ病で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(30代・女性) 職場の上司から頻繁にパワハラを受けるようになり、精神的なストレスが溜まっていました。仕事に行くことができなくなり、休職しましたが、復職することができず退職してしまいました。仕事ができるようになる目途もなく、将来のことが心配になり、相談にみえました。 社労士による見解 ADHDの特性から仕事や人間関係が上手くいかず、うつ病を併発していました。安定して働くには障害者
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-570-3953
Zoomによるオンライン面談実施中。ご希望の場合はお申込みのときに「オンライン面談希望」とお伝えください。
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付