精神障害

うつ病で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・女性) 中学3年の時に、学校に行けなくなりフリースクールに通いました。高校に入学しましたが、全く環境に馴染めず学校に行けなくなり退学してしまいました。それからは、家に引きこもる生活が始まり、生きていることに価値がないと感じるようになりました。長いこと引きこもり生活をしていましたが、数年後に若者支援センターに通うようになりました。ケアマネジャーさんの勧めで病院を受診し、軽度精
続きを読む >>

うつ病で障害厚生年金3級を受給したケース

相談時の状況(20代・女性) 営業の仕事をしていましたが、営業成績で悩むことが多くストレスを感じていました。仕事にやりがいを感じることができず、頑張って取った契約がキャンセルになるとひどく気持ちが落ち込むようになりました。上司が変わり高圧的な態度をとられて出社できなくなり傷病手当金をもらって療養していましたが、復職することがきませんでした。 社労士による見解 気分に大きな波があり、そう状態と
続きを読む >>

広汎性発達障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(40代・男性) 子どもの頃から勉強は得意で特に絵を描くことが好きでした。自分本位が強いため友達にいじめられることもありました。一流大学に進学し、高校生までの与えられていた授業スタイルから、自分で考える授業スタイルになると授業についていくことが出来なくなり、レポート提出ができませんでした。一流大学を中退し、家業を手伝いながら生活していましたが、不眠などの症状があり、家族に勧められて病
続きを読む >>

アトピー性皮膚炎で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・女性) 高校生の頃から日光診で外出できず、家の中は遮光カーテンをして生活していました。 少しの紫外線にでもあたると湿疹ができ、腫れて皮膚の痛みもあり動けなくなってしまいました。高校卒業時に無理をしたことが原因で、光により過敏になり月光にも反応するようになりました。外出できず、家の中に閉じこもって暮らしていますが、パソコンの光にも反応してしまうため在宅での就労が難しく、今後
続きを読む >>

統合失調症で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・男性) 数年前から統合失調症で障害基礎年金を受給していました。主治医が変わったタイミングに障害年金の更新がありました。新しい医師に診断書を書いてもらい更新の手続きをしたところ支給停止となってしまいました。お金が底をつき、障害年金がもらえていないことを医師に相談して診断書を書いてもらい再び受給できることになりましたが 数年間もらえなかった年金が受給できないかと相談にみえました
続きを読む >>

注意欠如多動症・自閉スペクトラム症で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・男性) 息子さんが20歳の時に母親が障害年金請求をしましたが不支給になっていました。もう一度請求したいと考え相談にみえました。 社労士による見解 自閉症スペクトラムと注意欠陥多動症により、社会生活の多くの場面で支障が出ていました。一人暮らしをしていましたが、母親や福祉サービスの支援員が訪問して援助をしている状況でした。不支給になった請求資料を見直し、病院にはガイドライン
続きを読む >>

軽度精神遅滞で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・男性) 軽度知的障害があり療育手帳も持っていました。自立した生活が送れず、常に母親の援助を受けていました。職業訓練で農作業をしていましたが、就労時間も短くほとんど収入ではありませんでした。今後の生活のために障害年金の相談にみえました。 社労士による見解 障害者雇用で働いたこともありましたが、人間関係のトラブルで退職していました。引きこもっていた時期が長くあり、母親の援助
続きを読む >>

統合失調症で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(50代・男性) 数年前から統合失調症で障害基礎年金を受給していました。主治医が変わったタイミングに障害年金の更新がありました。新しい医師に診断書を書いてもらい更新の手続きをしたところ支給停止となってしまいました。お金が底をつき、障害年金がもらえていないことを医師に相談して診断書を書いてもらい再び受給できることになりましたが 数年間もらえなかった年金が受給できないかと相談にみえました
続きを読む >>

注意欠如多動症・自閉スペクトラム症で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・男性) 息子さんが20歳の時に母親が障害年金請求をしましたが不支給になっていました。もう一度請求したいと考え相談にみえました。 社労士による見解 自閉症スペクトラムと注意欠陥多動症により、社会生活の多くの場面で支障が出ていました。一人暮らしをしていましたが、母親や福祉サービスの支援員が訪問して援助をしている状況でした。不支給になった請求資料を見直し、病院にはガイドライン
続きを読む >>

軽度精神遅滞で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・男性) 軽度知的障害があり療育手帳も取っていました。自立した生活が送れず、常に母親の援助を受けていました。職業訓練で農作業をしていましたが、就労時間も短くほとんど収入ではありませんでした。今後の生活のために障害年金の相談にみえました。 社労士による見解 障害者雇用で働いたこともありましたが、人間関係のトラブルで退職していました。引きこもっていた時期が長くあり、母親の援助
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-570-3953
Zoomによるオンライン面談実施中。ご希望の場合はお申込みのときに「オンライン面談希望」とお伝えください。
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付