精神障害

障害等級は日本年金機構の認定医が「裁定」といわれる決定をしています。
精神障害の認定基準について詳しくはこちら、 またてんかんの認定基準についてはこちらをご覧ください。

「自分も障害年金に該当する可能性があるのでは?」と思いになった方はぜひご相談ください。
初回相談は無料です。

うつ病で障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(50代・男性) 職場でのパワハラがきっかけで、10年以上前から、うつ病で病院に通院していました。休職と復職を繰り返していましがた、数回目の休職に入り、復帰できる目途がたっていませんでした。体調が悪く、自分で障害年金の請求するのが難しいとのことで相談に見えました。 社労士による見解 日常生活もできないことが多く、妻が身の回りのことやってくれていまいした。ほとんど自宅で過ごし、最低
続きを読む >>

統合失調症で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(30代・女性) 小学生の頃から、耳元で自分の悪口が聞こえていました。友達に悪口を言われて嫌われている気がして誰とも仲良くすることができませんでした。学校では孤立し、親にも先生にも相談することができませんでした。中学、高校になっても幻聴があり、被害妄想も強くなっていきました。社会人になっても就労ができず、数えきれないほどのアルバイトをしましたが、どこも継続して働くことができませんでし
続きを読む >>

双極性障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(30代・女性) 小さい頃から厳格な父親に育てられ、テストの点が下がっただけでバットの上に座らされ叩かれるなどDVを受け続けていました。小学校5年生からリストカットを始め、高校生の時には自殺願望が強くなり精神科を受診していました。社会人になり結婚をして精神的に安定していた時期もありましたが、夫からのDVをきっかけに病気が再発してしまいました。数年後には優しい夫と出会い再婚もしましたが
続きを読む >>

反復性うつ病で障害厚生年金3級を受給したケース

相談時の状況(50代・男性) 10年以上前からうつ病で通院していました。その間に休職したことはありましたが、復職して一般就労で仕事をしていました。しかし、体調不良が続き、仕事も休みがちになり、継続して働ける自信がないと感じていました。コロナウイルスで在宅勤務になり、将来のことが心配で相談にみえました 社労士による見解 初診日が10年以上前だったため、初診の病院のカルテの有無を調査しました。1
続きを読む >>

知的障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・男性) 20歳になった時に、母親が障害年金の請求をしましたが不支給になっていました。障害者枠で就労もしていましたが、働くことができなくなり、退職して無職になってしまいました。生活に不安を感じ、もう一度、障害年金の請求を考えたいと相談にみえました。 社労士による見解 不支給になったときの診断書は、本人から聞き取りした症状よりも随分軽く作成されていました。計算や読み書きが苦
続きを読む >>

反復性うつ病で障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(40代・男性) 2年前に年金事務所に相談し、職員に教えてもらいながら障害基礎年金の認定日請求をしましたが、不支給になっていました。就労移行支援事業所から専門とする社労士に相談するようアドバイスされ紹介されて相談にみえました。 社労士による見解 まずは不支給となった申請書類一式を取り寄せてもらいました。請求したときの診断書の症状が軽く、障害状態と認められるものではありませんでした
続きを読む >>

広汎性発達障害、うつ病で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(50代・男性) 幼い頃から神経質でかんしゃく持ちで、他者と関わるのが苦手でした。学生時代は友達と遊ぶこともできず、学校でも孤立していました。近所付き合いどころか親せき付き合いも苦痛に感じ、ほとんど自宅に引きこもっていました。なんとか障害年金を受給できないかということで相談にみえました。 社労士による見解 50歳を過ぎるまで社会活動がほとんどできていませんでした。長い間引きこもり
続きを読む >>

うつ病で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(40代・女性) 仕事が忙しい中も、家事や親戚づきあいを頑張っていたところ、精神的に不安定になり、うつ病と診断されました。夫は仕事が忙しく、子どもたちに助けてもらいながら家事をこなしてきました。就労を目指して就労支援事業所に籍を置いても通所できない日が多い中、なんとか年金を受給したいと相談に見えました。 社労士による見解 就労支援事業所の通所もできていない日が多く、家事もほとんど
続きを読む >>

統合失調症で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(40代・女性) 20年前に幻覚で入院したことがありましたが、病院名などは覚えていませんでした。その後も、被害妄想が続き、仕事もできていませんでした。家事や日常生活のほとんどもできない状態で家族に支えられながら生活をしていました。相談時は統合失調症と診断され入院中して治療を受けていました。 社労士による見解 20代の頃から幻覚や妄想があり、仕事もできず、日常生活の多くのにも助けが
続きを読む >>

双極性障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(30代・女性) 障害年金の請求をするために年金事務所で説明を受け書類をもらいましたが、体調も不良が続き、病歴就労状況等申立書の作成などの準備もできないため相談にみえました。 社労士による見解 発病のきっかけや通院歴などを詳しく聞き取り、病歴を作成するとともに、診断書に記載されていない様子は家族の申立書を作って補いました。障害基礎年金を認定日に遡って請求しました。 結果 障害
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-570-3953
Zoomによるオンライン面談実施中。ご希望の場合はお申込みのときに「オンライン面談希望」とお伝えください。
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付