精神障害

発達障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(40代・男性) 子供の頃から落ち着きがなく、怪我も多く、提出物を出すことや宿題をやることができませんでした。大学生の頃から、人と違うことに気づき、そのことで気分が落ち込むことが増えていきました。整体の仕事に就き10年ほど働いていましたが、勤務先が閉店となったことで、他の職場を探しましたが、どこの職場でも怒られ継続して働くことが出来ませんでした。とうとう働く意欲をなくし引きこもりの生
続きを読む >>

統合失調症で障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・男性) 3年ほど前から気分の落ち込みがあり、仕事に行けなくなりました。いくつも病院を受診しましたが、原因不明で薬をもらうこともできませんでした。飲み物に何か入れられている気がしたり、誰かに狙われている気がしたしたり、怪しい行動を取ったり統合失調症の症状が出るようになりました。被害妄想から警察沙汰になり強制入院したこともありました。 社労士による見解 年金事務所で相談をし
続きを読む >>

うつ病で障害厚生年金3級を受給したケース

相談時の状況(50代・男性) 仕事に大きな負担があり25年以上前からうつ病で通院していました。25年の間はほとんど仕事ができていませんでした。2年程前から自分で申請しようと準備はしていましたが、障害年金の受給は難しいと思い込み申請をあきらめていました。 社労士による見解 相談にみえた時は申請の準備をしていた時から2年程経っていました。初診証明書や認定日の診断書は申請する上で問題ありませんでし
続きを読む >>

うつ病で障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(50代・男性) 30年以上前に気分が落ち込むでき事があり病院に通院していました。時には体調不良で仕事に行けないこともありましたが、なんとか継続して仕事をしていました。10年ほど前からはうつ状態だけでなく軽いそう状態の症状が出始め、継続して働くことが難しくなり職を転々とするようになってしまいました。妻から障害年金のことを知り相談にみえました。 社労士による見解 相談時は無職でした
続きを読む >>

うつ病で障害厚生年金 3級を受給したケース

相談時の状況(20代・女性) 朝仕事に行く前に強い眼精疲労と頭痛、倦怠感に襲われることが頻繁にありました。通勤途中で過呼吸になることもあり、病院を受診するとうつ病と診断されました。医師からは、仕事ができる状態ではないので休んでゆっくりした方がいいと言われ、休職をしていましたが、体調が戻らずそのまま退職になってしまいました。退職後も症状は改善せず、他の就職先を探してもすぐに辞めざるを得ない状況が続
続きを読む >>

ADHDで障害基礎年金 2級を受給したケース

相談時の状況(30代・女性) 産後にイライラがひどく精神科を受診しましたが、授乳中で服薬できなかったので、直ぐに通院をやめてしまいました。子供が保育園に通うようになり、以前から自分は発達障害ではないかと疑っていたため、再び精神科を受診しました。検査を受けるとADHDと診断されました。カウンセリング治療を希望し、デイサービスに通うようになりました。家事や子育てに支障があり夫に援助してもらい生活して
続きを読む >>

躁うつ病で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(40代・女性) 長年、病気の家族を支えきたことが、かなりのストレスになっているようでした。気分の落ち込みや不眠が続き病院を受診するとうつ病と診断されました。20年以上も症状が続いていましたが、さらにひどくなっているようでした。働くことも医師から止められ収入が無いため障害年金を受給できないかと相談されました。 社労士による見解 外出がほとんどできず、人との付き合いもないようでした
続きを読む >>

統合失調症で障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・男性) 3年ほど前から気分の落ち込み意欲がなくなりました。仕事に行けなくなり、病院をいくつか受診しましたが、病名が診断されず薬をもらえませんでした。飲み物に何か入れられている気がしたり、誰かに狙われている気がしたしたりと被害妄想がひどくなり、用もないのに外を走り回るなどの奇行も始まりました。徐々に被害妄想がひどくなり、トラブルになることも多く、警察沙汰になり強制入院するまで
続きを読む >>

中度精神遅滞 自閉症で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・男性) 中度の精神遅滞と自閉症があり家族のサポートがないと日常生活が送れる状態ではありませんでした。障害者の雇用に力を入れている会社を紹介され、十分な配慮を受けながら就労していました。自立した生活を送れるように障害年金を請求したいということでした。 社労士による見解 職場での手厚い配慮をもとに常に見守られて働くことができていました。単純な作業を繰り返ししていましたがミス
続きを読む >>

双極性障害で障害厚生年金3級に認められ障害者特例を選択したケース

相談時の状況(60代・女性) 躁うつ病と診断されて20年以上前から入退院を繰り返していました。そう状態になると気分が高揚して多弁になり何でもできるような気がしました。逆にうつ状態になると食欲がなくなり家に引きこもり、家事が一切できませんでした。働くことができない状態で相談にみえました。 社労士による見解 躁とうつの状態が繰り返し起きるため定職につけていないようでした。うつ状態になると片付けや
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-570-3953
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付