スタッフ・パートナー紹介

前橋 哲夫(まえはし てつお)

前橋先生

特定社会保険労務士

年金マスター

 

年金相談員 がん患者就労支援員 外国人就労支援講師

障害年金を請求したいとお考えの方、過去に請求をしたが受けられなかった方、障害年金のことで悩み苦しんでおられる皆さんのために、障害年金を専門とする社会保険労務士が集まって作った相談窓口が、このサポートセンターです。

また、障害年金支援で唯一の認証NPO法人である「障害年金支援ネットワーク」の県西部地区の第1号会員として日々研鑽に励んでおります。

近頃特に考えさせられることがあります。それは、障害年金を受給できてもおかしくないのに受給できていない人々が多くいらっしゃいます。国にも言い分はあるのでしょうが、その原因は、何と言っても障害年金を受給するためのハードルの数が多くて且つ高いからです。 もしも老齢年金を受ける年齢になっても、半分くらいの人々が老齢年金を受け取れないとしたら、この日本でも大変な騒ぎになることでしょう。

害年金ではどうして問題にも大騒ぎにもならないのか。それは、無年金障害者の人々が孤立していて、こんな不幸な目に遭っているのは自分だけなのだな、と諦めているからに他なりません。

どうにかして、そのような皆さんと出会い、障害がある人なら誰でも障害年金が受けられるようにお手伝いすることが、当センターの最大の目標です。とにかくまずお電話をください。

小澤 正利(おざわ まさとし)

ozawa

社会保険労務士

年金マスター

 

日本年金機構の職員として年金事務所の窓口で障害年金の請求手続きの対応をしてきました。

障害年金を請求されるお客様を対応して感じたことは、なかなか適切な書類をそろえることができないことです。

障害年金を請求する方、医師、年金事務所の職員の三者だけではそれぞれの立場や状況もありスムーズで適切な手続きを行うことは困難です。

また不支給の決定をされたお客様が審査請求をしたいと年金事務所の窓口に来られたときに、年金事務所の職員としては何も相談にのることも出来ず書類を渡すことしか出来ませんでした。

障害年金を受けたいと希望される方に本当の意味で味方になれるのが当センターと考えています。

佐野 美知子(さの みちこ)

66c19942ab4ba346fdb64ccc04cde373-26-210x210 社会保険労務士

けがや病気で働くことができなかったり、日常の生活に支障があるときに受給できるのが障害年金です。ご本人やご家族だけでご病気やおけがにまつわる暮らしのさまざまな心配事と向き合いながら受給の手続きを進めるのはご負担が大きいことと思われます。そのようなときにはどうぞお気軽にご相談ください。受給に向けてぜひお手伝いをさせて頂きたいと思います。

団 明子(だん あきこ)

団

特定社会保険労務士

年金マスター

私は、10年ほど年金事務所で年金相談に携わっております。その中で障害年金の手続きは、長ければ1年半から2年にもわたることもあります。その期間は、就労はもちろんのこと、日々の生活にも苦慮されている方も多く、年金の受給権が認められるまでには、精神的に辛いことも多いことと思います。年金制度を誤解していたり、制度自体を知らないことで、本来障害年金をもらえるはずの方が受給につながっていないのが現状です。 傷病名や障害者手帳の有無にかかわらず、病気や障害によって労働や日常生活に支障がある場合は、障害年金を受給できる可能性があります。私がお手伝いできることは微力ですが、お役に立てるよう、精一杯努めさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

津田圭吾(つだ けいご)

社員

社会保険労務士

行政書士資格

認知症の祖母の介護で多くの障害者と接してきました。障害年金のサポートをしたく、猛勉強をして資格を取りました。

障害年金に携わってみて感じたのは、周囲に相談できずに悩んでいる方が多いということです。
少しでもそういう方の手助けになれればいいと思いながら日々働いています。

ご相談お待ちしております。


障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-570-3953
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付