受給事例

うつ病・広汎性発達障害で障害基礎年金1級を受給したケース

相談時の状況(20代・女性) 大学生の頃から精神的に不安定な状態があり、心療内科等を受診しました。感情のコントロールができず、物に八つ当たりし、暴力的な態度や発言が多くなりました。病識が無く、通院や治療を拒否したため症状が悪化していき、家から一歩も出られなくなってしまいました。将来のことを心配した母親が相談にみえました。 社労士による見解 本人は病識が無く治療を拒否しているため病状が悪化して
続きを読む >>

うつ病で障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(30代・女性) 会社勤めをしていると時に、乳がんになりました。抗がん剤治療や手術のために休職しましたが、症状も回復し復職しました。しかし、復職しても、病気になる前のように仕事ができないことがきっかけでパワハラを受けるようになりました。病気に対する配慮やパワハラを訴えると、やってきた仕事とは全く違う重たい荷物を持つような部署に異動になりました。精神的に落ち込みうつ病を併発し、復職と休
続きを読む >>

うつ病で障害基礎年金2級に受給したケース

相談時の状況(30代・男性) 予備校生の時にパニック障害になり通院していました。社会人になってからはどこへいっても職場の環境に適応できなくなってしまい、10社以上の転職を繰り返していました。仕事が無くなり困って区役所に相談すると、障害年金を勧められ職員に手伝ってもらって申請しましたが不支給になっていました。生活保護を受給中に相談にみえました。 社労士による見解 特定子会社で就労を始めていまし
続きを読む >>

自閉症・ADHD・精神遅滞で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・男性) 幼い頃から周りの子より発達が遅く、言葉の教室に通所していました。一人遊びが好きで友達と遊ぶことができませんでした。小・中学校は個別支援級に通い、養護学校に進学しました。卒業後は障害者雇用で就労していましたが、給料も安く安定して働くことができるかを不安に感じ、母親が相談にみえました。 社労士による見解 養護学校を卒業してからは安定して就労ができていましたが、仕事の
続きを読む >>

統合失調症で障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・女性) 仕事をしているときに、ストレスから不眠や頭痛、食欲不振などの症状が出るようになりました。仕事に対する気力がなくなり、仕事に行くことができなくなりました。自宅にこもり、入浴や食事も満足に出来ない日々が続いていました。そのうち幻覚や幻聴が出始め、被害妄想が始まりました。病院で統合失調症と診断されました。被害妄想のため、医師との信頼関係を作ることができず転院を繰り返しまし
続きを読む >>

知的障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・女性) 中度の知的障害があり、高校1年生の時に学校に行けなくなってしまいました。その後はいろんなアルバイトをしましたが、仕事が覚えられないため、どのアルバイトも首になってしまいました。こだわりが強く、想定外のことが起きるとパニックになり、対人関係を築くことも苦手でした。20歳で障害年金を申請したところ不支給になり、相談にみえました。 社労士による見解 療育手帳のB1をも
続きを読む >>

広汎性発達障害により障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・男性) チックの症状があり、幼い頃から人とコミュニケーションをとるのが苦手でした。小学校低学年から不登校で病院を受診し、発達に偏りがあると言われました。中学卒業までフリースクールに通いましたが、卒業後は引きこもりが続き仕事ができませんでした。20歳になる少し前に相談にみえました。 社労士による見解 他人の目が気になり、自宅にひきこもっていました。ほとんど外出ができず、ひ
続きを読む >>

もやもや病による左側頭葉脳皮質下出血で併合認定され障害厚生年金1級を受給したケース

相談時の状況(40代・女性) すでに慢性疲労症候群で障害厚生年金2級を受給されている方でしたが、以前から患っていたモヤモヤ病から脳出血を起こしてしまいました。治療を受けましたが、体に麻痺が残り言語や認知機能にも障害が出てしまいました。相談時は介護施設で全介助を受けていました。 社労士による見解 もやもや病での申請は初診日が国民年金のため障害基礎年金での申請となりました。慢性疲労症候群の受給権
続きを読む >>

慢性腎不全で障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(60代・男性) 人工透析をするようになり障害年金を申請しようと年金事務所に何度も足を運んでいましたが、ご自身で申請書類を揃えることや病歴の作成が難しく相談にみえました。糖尿病からくる腎不全で、初診日は何十年も前でした。転院を繰り返していたため、数枚の受診状況等証明書を取得していましたが、初診の病院が確定できませんでした。 社労士による見解 受診状況等証明書の内容やご本人のお話か
続きを読む >>

うつ病により障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(30代・女性) 中学生時代に起立性障害を発症し、学校に通うことができなくなりました。気分の浮き沈みがあり、気分が落ち込むと自室にこもり横になってしまい、気分が高揚しているときは多弁になり、高額な買い物をし、異性と積極的に交流していました。そのため事件やトラブルを起こすことも多く、心配したご家族が相談にみえました。 社労士による見解 Xさんはうつ病の症状が重く、仕事や身の回りのこ
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-570-3953
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付