注意欠陥多動性障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・男性)

光や臭いの感覚過敏があり、小さいころから気が付かない怪我や忘れ物が多く、友達からも少し浮いていました。大学生の時に発達障害と診断され、就労した時にも会社に発達障害であることを告げていました。仕事を始めるとミス多く、交通事故を起こしてしまうこともありました。迷惑をかけることに耐えられなくなり退職し、就労移行支援事業所に通所している時に相談にみえました。

社労士による見解

衝動性が高く、思い通りにならないと興奮し易いようでした。自分分析をして、行動や言動にもとても気を使っているようでした。障害者雇用での就労を目指していましたので、安定した生活のためにも障害年金が必要だと思いました。

結果

障害基礎年金2級に認められ78万円受給することができました。安定した生活ができるように応援しています。

受給事例の最新記事

発達障害・知的障害の最新記事

精神障害の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-570-3953
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付