統合失調症

統合失調症で障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・男性) 3年ほど前から気分の落ち込みがあり、仕事に行けなくなりました。いくつも病院を受診しましたが、原因不明で薬をもらうこともできませんでした。飲み物に何か入れられている気がしたり、誰かに狙われている気がしたしたり、怪しい行動を取ったり統合失調症の症状が出るようになりました。被害妄想から警察沙汰になり強制入院したこともありました。 社労士による見解 年金事務所で相談をし
続きを読む >>

統合失調症で障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・男性) 3年ほど前から気分の落ち込み意欲がなくなりました。仕事に行けなくなり、病院をいくつか受診しましたが、病名が診断されず薬をもらえませんでした。飲み物に何か入れられている気がしたり、誰かに狙われている気がしたしたりと被害妄想がひどくなり、用もないのに外を走り回るなどの奇行も始まりました。徐々に被害妄想がひどくなり、トラブルになることも多く、警察沙汰になり強制入院するまで
続きを読む >>

統合失調症で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(40代・女性) 真面目な性格で勉強もよくできました。大学時代から片頭痛や吐き気の症状があり病院を受診していました。父親を交通事故で亡くしたことをきっかけに、自責の念が強くなり、奇行が始まりました。近所を徘徊し、まとまりのない会話が増え統合失調症と診断されました。その後は働くことができず自宅に引きこもり、自力で生活ができない状態でした。家族が障害年金の請求を試みましたが、本人は知識が
続きを読む >>

統合失調症で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(30代・男性) 子供の頃から常に母親から否定され続けていました。そのため自信がなく人と付き合いも苦手でした。。大学生の頃から妄想や奇行が出始め、学校に勧められて病院を受診しました。統合失調症と診断され、大学を中退してしまいました。就労もできず、妄想から主治医にも不信感を持ち、病院を転々としながら治療を受けていました。病識がないため、自分が統合失調であることを受け入れることができず、医
続きを読む >>

統合失調症で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(30代・女性) 父親が他界したことをきっかけに18年ほど前から発症し、妄想による奇行が始まり、状態が悪い時は入院して治療を受けたこともありました。統合失調症による被害妄想はほとんどなくなりましたが、気分の抑揚が激しく、気分が落ち込むと3月から半年は全く外出ができなくなり、回復すると数か月は活動的になり、再び引きこもるという状態を繰り返していました。当センターを利用した友達に紹介されて
続きを読む >>

統合失調症で障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・女性) 仕事をしているときに、ストレスから不眠や頭痛、食欲不振などの症状が出るようになりました。仕事に対する気力がなくなり、仕事に行くことができなくなりました。自宅にこもり、入浴や食事も満足に出来ない日々が続いていました。そのうち幻覚や幻聴が出始め、被害妄想が始まりました。病院で統合失調症と診断されました。被害妄想のため、医師との信頼関係を作ることができず転院を繰り返しました
続きを読む >>

統合失調症で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・女性) Xさんは、大学に進学した頃から幻覚や幻聴等の症状が出るようになりました。家族や周囲の人とのコミュニケーションにも支障が出るようになり、気持ちの落ち込みもひどくなったため病院を受診したところ、統合失調症と診断されました。服薬治療を受け入院もしましたが症状は改善せず、学校を続けることが困難な状況になってしまいました。幻覚等の症状から身の回りのことをするのも難しくなり、入院
続きを読む >>

統合失調症で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(30代・女性) 昔から他人の目が気になり、悪口を言われているという妄想がありました。中学から不登校になり精神科を受診すると統合失調症、うつ病という診断を受けました。通院を続け治療を受けていましたが精神状態は安定しませんでした。そんな中、障害年金の存在を知り、自分で申請しようと診断書まで取得しましたが、手続きが煩雑なため断念していました。 社労士による見解 Xさんは初診日のころから症状
続きを読む >>

精神障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(30代・男性) 5年ほど前、深夜のアルバイトをして頃から、誰かに狙われているという被害妄想を持つようになりました。家には盗聴器が仕掛けられている、自分がネットで批判した相手から狙われているという考えにとらわれてしまい、精神的に安定した生活を送ることができなくなりました。統合失調症と診断され、入院治療も受けましたが症状は改善せず、家のものを壊したり、身の回りのことをサポートしている同居
続きを読む >>

統合失調症で障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(50代・男性) 新卒で入った会社で重圧のかかるポジションに就かされたことから、被害妄想が強くなりました。自分だけ損な役割を与えられている。他人が自分の悪口を言いふらしているなどの思い込みが強く、人間関係でトラブルを何度も起こしました。心配した家族に病院に行くように言われ、精神科では統合失調症と診断されましたが、自分では病気だとは全く思っておらず、症状も改善しないまま年月が過ぎました。
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-570-3953
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付