人工関節

人工関節で障害厚生年金3級を受給したケース

相談時の状況(50代・男性) 足の付け根に痛みが続いていましたが、坐骨神経痛で通院していた病院では、その痛みは腰からくるものだと説明されていました。通っていた鍼灸院の先生に相談したところ、大きな病院で検査を受けることを勧められ、大きな病院で検査を受けると変形股関節症と診断されました。その後、痛みが増していき仕事に行くことができないようになり、人工股関節の置換術を受けました。 社労士による見解
続きを読む >>

変形股関節症で障害厚生年金3級を受給したケース

相談時の状況(30代・女性) 10年ほど前から、足の付け根と腰に痛みが出るようになりました。近くの整形外科に通って湿布薬や痛み止めをもらっていました。数年絶ち痛みが増してきたため、股関節で有名な病院を受診すると末期の変形性股関節症と言われました。経過観察をしながら薬で痛みを抑えていましたが、人工関節の装着手術をすることになりました。入院中に同じ病室の患者さんに障害年金のことを教えてもらいご相談に
続きを読む >>

変形性股関節症で障害厚生年金3級を受給したケース

相談時の状況(50代・女性) Mさんは20数年前に股関節痛があり、臼蓋形成不全と診断されていました。自分の骨を使った骨切り術を受けていましたが、痛みが再発し人工関節を装着されました。障害年金の手続きをしている時間がないためご相談に見えました。 社労士による見解 面談でお話を伺ったところ、Mさんの初診日は24年ほど前の厚生年金加入中でした。人工関節装着は3級相当に該当するため初診日の確定が必要でした
続きを読む >>

右肩腱板損傷・右鎖骨骨折・右第4中足骨骨折・右第5趾開放骨折で障害厚生年金3級を受給したケース

相談時の状況(60代・女性) 交通事故により右半身を負傷し、肩に人工関節を装着していました。右手が上がらず、料理や掃除などの家事に支障が出ているようでした。仕事が続けられなくなり収入が無くなってしまったので障害年金を受給したいという相談でした。 社労士による見解 右肩に人工肩関節を装着していることで右肩・右肘・右手首の可動域が減少し、筋力が落ちていました。厚生年金加入中の事故だったことから障害年金
続きを読む >>

右大腿骨骨腫瘍で障害厚生年金3級を受給したケース

相談時の状況(30代・女性) 1月程前から股関節にズキズキと痛みがありました。近医を受診したところ、大腿骨に腫瘍があると診断されました。すぐに総合病院を受診し2か月後に人工骨頭の装着手術を受けました。リハビリの先生からは術後3か月程で復職できると聞いていましが、3か月経過しても一向に回復することはなく、杖なしで歩くことができませんでした。このまま仕事ができなくなってしまうのではないかと不安を感じ相
続きを読む >>

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-570-3953
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付