肢体障害

左変形性股関節症で障害厚生年金3級を受給したケース

相談時の状況(40代・男性) 長い間 ホールスタッフをしていて足に負担がかかったのか 左の股関節が痛み出しました。通院して、リハビリを受けていましたが痛みがひどくなり仕事にも影響が出てきました。 人工関節の手術を受ける予定があり、障害年金を受給できないかと相談に見えました。 社労士による見解 初診当時、厚生年金に加入していたので、人工関節装着は、障害年金3級に該当しました。人工関節の手術
続きを読む >>

両特発性大腿骨頭壊死症で障害厚生年金3級を受給したケース

相談時の状況(30代・女性) 29歳の時に左の肺が苦しくなり、全身性エリテマトーデスの診断を受けました。 会社員として働きながら通院を続けていましたが、治療の副作用で左の大腿骨が痛み、歩くのも困難になり人工股関節の手術を受けました。数か月後には右足も同様の手術を受けました。傷害年金を受給できないかと相談に見えました。 社労士による見解 初診日は厚生年金に加入していました。人工関節は障害厚生
続きを読む >>

多発性繊維性骨異形成症で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・男性) 骨折することが多く小学生の時に多発性線維性骨異形成症と診断されました。骨折をする度に入退院を繰り返していました。学校へは車いすや松葉杖を使用して通学し、体育の授業はいつも見学し辛い思いをしてきました。障害者雇用で病院に就職し、常に骨折の恐怖を感じながら働いていました。自立した生活のために障害年金の相談にみえました。 社労士による見解 骨折を繰り返すことで、股関節
続きを読む >>

横隔膜ヘルニアで障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・女性) 母親が障害年金の申請を行いましたが、不支給になってしまい相談にみえました。娘さんは、先天性の横隔膜ヘルニアの持病を患っているだけでなく、発達障害の診断も下りており、就労することが難しい状態でした。収入がないため、この先の将来についてとても心配していました。 社労士による見解 ご自分で、横隔膜ヘルニアによる障害年金を請求し、不支給になっていました。申請時の診断書を
続きを読む >>

パーキンソン病で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(60代・女性) 40代から筋肉の痙攣のような症状が頻繁に起きるようになり、いくつもの病院を転々とし、ようやくパーキンソン病と診断され、治療を始めました。その頃に、障害年金の請求をしましたが、症状が軽いという理由で不支給になってしまいました。その後、年を重ねるごとに、筋力が落ち、腰の痛みなども強くなり、歩行には常に杖が必要になりました。通勤もできなくなり退職もしました。そんな中、障害
続きを読む >>

シャルコーマリートゥースにより障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(40代・男性) シャルコーマリートゥースという難病になり、ご自分で請求準備をしていましたが、せっかく病院で書いてもらった診断書を年金事務所の持っていったところ、認定日用の診断書の現症日の日付が違うことを指摘され、現在用の診断書も3か月の有効期限が間近でした。狭心症の診断書も取得していましたが、こちらも認定日の日付が違っていました。どうしたらよいか分からなくなり、相談にみえました。
続きを読む >>

右変形性股関節症で障害厚生年金3級を受給したケース

相談時の状況(50代・女性) 数年前、腰の痛みで病院を受診し、ヘルニアと診断され、痛み止めやブロック注射などで慢性的な痛みを抑えていましたが、膝にも痛みが出はじめ、変形ひざ関節症、変形股関節症の症状があるとの診断も受けました。医師から手術を勧められ、人工関節を装着しました。ご自身の症状が障害年金の認定基準に該当するかどうか知りたいと相談に見えました。 社労士による見解 初診日に厚生年金に加入
続きを読む >>

右変形性股関節症で障害厚生年金3級を受給したケース

相談時の状況(50代・男性) 昨年10月に人工股関節手術をし、障害年金の請求を検討していましたが、仕事が忙しく、障害年金申請書類が煩雑でよく分からないので申請書類全般の作成と提出を代行して欲しいと相談にみえました。 社労士による見解 初診日から1年半以内に人工股関節の装着をしていたので、装着日を障害認定日として請求できる可能と判断しました。初診証明書の依頼や受け取りなど、速やかに申請できるよ
続きを読む >>

人工関節で障害厚生年金3級を受給したケース

相談時の状況(50代・女性) 足に負担が掛かる仕事をしていました。両膝に痛みを感じるようになり友人に相談すると、「膝が悪い人は、周りの筋肉を鍛えるといいよ」と言われ、膝の運動を心がけて生活していました。しかし徐々に痛みが増していったため、病院を受診すると、変形性膝関節症の症状が重く、直ぐに人工関節の置換が必要と診断されました。両膝に人工関節置換術を受けました。手術後も歩行はできるようになったもの
続きを読む >>

両側大腿骨骨頭壊死症で障害厚生年金3級を受給したケース

相談時の状況(30代・女性) ある日、飲食店に入ろうとして滑って足をぶつけました。病院を受診すると大腿骨が壊死していると言われました。原因不明の突発性大腿骨壊死症でした。自覚症状は全くなく、しばらくは仕事ができていましたが、やがて立ち仕事が辛くなり、両方の股関節に人工関節を装着しました。装着後は今までの立ち仕事ができなくなり、傷病手当金をもらっていましたが1年半たっても復職の目途が立たないという
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-570-3953
Zoomによるオンライン面談実施中。ご希望の場合はお申込みのときに「オンライン面談希望」とお伝えください。
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付