統合失調症で障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・男性)

3年ほど前から気分の落ち込みがあり、仕事に行けなくなりました。いくつも病院を受診しましたが、原因不明で薬をもらうこともできませんでした。飲み物に何か入れられている気がしたり、誰かに狙われている気がしたしたり、怪しい行動を取ったり統合失調症の症状が出るようになりました。被害妄想から警察沙汰になり強制入院したこともありました。

社労士による見解

年金事務所で相談をしていましたが、制度が理解できず、提出書類揃えられないため申請ができていない状態でした。被害妄想が続いていたため仕事や日常生活に支障があるため障害年金の受給ができると判断しました。

結果

障害厚生年金2級に認められ年額94万円受給することができました。

精神障害の最新受給事例

統合失調症の最新受給事例

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-570-3953
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付