統合失調症で障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・男性)

3年ほど前から気分の落ち込み意欲がなくなりました。仕事に行けなくなり、病院をいくつか受診しましたが、病名が診断されず薬をもらえませんでした。飲み物に何か入れられている気がしたり、誰かに狙われている気がしたしたりと被害妄想がひどくなり、用もないのに外を走り回るなどの奇行も始まりました。徐々に被害妄想がひどくなり、トラブルになることも多く、警察沙汰になり強制入院するまでになりました。

社労士による見解

被害妄想が強く、仕事もできていない状態が続いていたため、障害年金の受給ができると判断しました。ご家族が申請の準備をしていましたが、提出書類を整えることができず、申請ができていませんでした。サポートの依頼を受け、申請書類を整え申請しました。

結果

障害厚生年金2級に認められ94万円受給することができました。ゆっくり治療しながら
自分にできる仕事を探していきたいと喜んでくださいました。

精神障害の最新受給事例

統合失調症の最新受給事例

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-570-3953
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付