慢性腎不全で障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(50代・男性)

会社の検診で高血圧を指摘され受診するとクレアチニンの数値が高いことがわかり経過観察のため定期的に通院していました。しかし腎機能が低下していき、人工透析を開始することになりました。障害年金を申請したいと相談にみえました。

社労士による見解

Mさんは長い間経過観察を受けていたため事後重症請求になりました。人工透析を開始した月に申請する必要があり、初診証明などの書類を整備し、同月に申請を行いました。

結果

障害厚生年金2級に該当し年額約158万円受給することができました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-570-3953
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付