大動脈弁閉鎖不全症で障害厚生年金2級に認められたケース

相談時の状況(40代・男性)

健康診断で心電図の異常を指摘され、循環器の専門医を受診しました。大動脈弁閉鎖不全症と診断され服薬治療を受けていましたが、1年後に人工弁置換術を受けました。人工弁で障害年金がもらえるか相談にみえました。

社労士による見解

初診日に厚生年金に加入していました。初診日から1年半以内に人工弁を装着したため、人工弁の装着日を認定日として認定日申請をしました。

結果

障害厚生年金3級に認められ700,567円受給することができました。初診日が国民年金の場合には人工弁装着では受給ができません。

ペースメーカー・人工弁の最新受給事例

循環器疾患の最新受給事例

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-570-3953
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付