腎・肝疾患

慢性腎不全で障害厚生年金2級に認められたケース

相談時の状況(60代・男性) のどの渇きを自覚し、体重も減少してきましたが、病院の受診はしていませんでした。眼の前が白く見え難くなったため眼科を受診すると、すぐに糖尿病の治療をするように言われ病院を紹介されました。それから定期的に通院して糖尿病の治療をするようになりました。腎臓の機能が低下して人工透析を開始し相談にみえました。 社労士による見解 眼科の受診日を初診日とし、糖尿病による人工透析
続きを読む >>

慢性腎不全により障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(50代・男性) 以前から健康診断で血糖値が高いことを指摘されていましたが、病院の受診はありませんでした。2年くらい前から足が浮腫むようになり、夜も眠れなくなりました。しぶしぶ病院を受診すると糖尿病による慢性腎不全と診断され即日人工透析になりました。足の浮腫みが悪化し、足先の壊疽も始まり、翌月にはリスフラン関節より下が切断されました。 社労士による見解 初診日から1年半前に人工透
続きを読む >>

アルコール性肝硬変により障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(40代・男性) 肝硬変の症状がかなり進行していました。自分で申請を試み診断書と受診状況等証明書の取得をしていました。病歴就労等申立書の作成に時間が掛かり、診断書の現症日が3か月以上経過してしまい提出できなくなってしまいました。自分で申請するのは難しいので申請のサポートをお願いしたいとご相談にみえました。 社労士による見解 10年前にC型肝炎を患っていたため初診がずれて障害基礎年
続きを読む >>

人工透析で障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(50代・男性) 数年前から健康診断で血糖値が高いことを指摘されていましたが受診はしていませんでした。のどの渇き、むくみ、倦怠感があり病院を受診すると、糖尿病と診断されました。薬をもらって通院していましたが、腎機能が悪化したことから2年前に人工透析を開始しました。夜間透析治療の影響で、仕事にも支障が出て、収入も大きく下がりました。障害年金の存在を知って相談にみえました。 社労士によ
続きを読む >>

慢性腎不全により障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(50代・女性) 24年前、健康診断で糖尿病と診断されていましたが、自覚症状が無く仕事が忙しかったので、通院しませんでした。10年程前に靴擦れの傷がなかなか治らないため病院を受診するようになり、その際に糖尿病を指摘され治療を受けるようになりました。腎臓機能が悪化して1年前に人工透析を開始したので障害年金が受給できるのではないかと相談にみえました。 社労士による見解 厚生年金加入中
続きを読む >>

慢性腎不全で障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(50代・女性) 慢性腎不全で人工透析を受けていました。数ヶ月かけて申請書類を整えていましたが、初診日を特定するのが難しく思うように準備が進められませんでした。初診証明書類等の記載が分からず相談にみえました。 社労士による見解 初めて病院にかかった日には厚生年金に加入していました。預かった書類からは初診日の証明を行う際の矛盾がありました。初診日の確認をしっかりと行い、申請書類と当
続きを読む >>

慢性腎不全で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(40代・男性) 20代の頃に風邪で掛かった内科で糖尿病を指摘されました。薬と食事による治療を受けていましたが、自覚症状もないため通院するのを辞めてしまいました。数年後、背中に痛みがあり病院を受診した際、糖尿病の悪化を指摘され再び治療を始めました。徐々に腎機能が低下していき人工透析になりました。年金事務所に相談に行くと、初診日が確定できないからもらえないよと言われ、請求を断念していま
続きを読む >>

慢性腎不全で障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(50代・女性) 会社の健康診断で血糖値が高いと言われ病院を受診したところ、糖尿病と診断されました。3年ほどインシュリン注射や服薬などの治療を受けていましたが、腎臓の機能が低下し、人工透析を受けることになりました。働きながら週3回病院で透析を受けており、障害年金の受給の対象になるかどうか知りたいとご相談に見えました。 社労士による見解 人工透析を受けていること、初めて糖尿病と診断
続きを読む >>

人工透析で障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(40代・男性) 会社の健康診断で血糖値が高いことは指摘されていたが、特に受診をしていませんでした。自覚症状も全くありませんでした。数年後の健康診断で、要検査になり、受診すると糖尿病と診断されました。すぐにインスリンと服薬治療をしまいしたが、徐々に倦怠感やむくみ、喉の渇きなどの症状が出始め、人工透析を開始しました。障害年金が請求できると知らず、2年ほど経って相談にみえました。 社労士に
続きを読む >>

慢性腎不全で障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(60代・男性) 人工透析をするようになり障害年金を申請しようと年金事務所に何度も足を運んでいましたが、ご自身で申請書類を揃えることや病歴の作成が難しく相談にみえました。糖尿病からくる腎不全で、初診日は何十年も前でした。転院を繰り返していたため、数枚の受診状況等証明書を取得していましたが、初診の病院が確定できませんでした。 社労士による見解 受診状況等証明書の内容やご本人のお話から通院
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-570-3953
Zoomによるオンライン面談実施中。ご希望の場合はお申込みのときに「オンライン面談希望」とお伝えください。
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付