双極性障害

障害等級は日本年金機構の認定医が「裁定」といわれる決定をしています。
精神障害の認定基準について詳しくはこちら、 またてんかんの認定基準についてはこちらをご覧ください。

「自分も障害年金に該当する可能性があるのでは?」と思いになった方はぜひご相談ください。
初回相談は無料です。

双極性障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(30代・男性) 気分障害で服薬治療を受けていました。気分の浮き沈みがあり、自分の身の回りのことは全て同居する妻に依存する毎日でした。気分が落ち込むときは外出もできず、ほぼ家の中におり一日のほとんどをベッドのまわりで過ごす毎日でした。就労もかなわず、将来に不安を抱いていました。  社労士による見解 詳しく聞き取りをしたところ大学院生の頃に、通院歴があることが判明しました。カルテが
続きを読む >>

双極性障害で障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(30代・男性) 職場でミスが多く、指示通りに仕事ができないことから発達障害を疑い病院を受診しました。検査を受けましたが発達障害ではないと言われました。眠りが浅いため睡眠薬を処方され服用していると、突然そう状態になり、一人で5時間もカラオケで歌うなど過活動が数か月続きました。しかし、うつ状態になるとになり外出もできなくなり、倦怠感があり仕事も行けず何もできなくなりました。病院では、双
続きを読む >>

双極性障害で障害厚生年金3級を受給したケース

相談時の状況(40代・女性) 夫と離婚後、ストレスから体調が悪くなり、いくつか病院を受診しましたが不眠や倦怠感が続いていました。職場でもミスが多く同僚や上司との関係もうまく気づけず、どこの職場でも長く働くことができませんでした。 自宅に引きこもり家族に助けてもらって生活していましたが、家族にも負担を軽減させるために障害年金を受給したいと相談にみえました。 社労士による見解 気分の落ち込みが
続きを読む >>

うつ病で障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(30代・女性) 仕事のストレスから不眠などの体調不良が続いていました。病院を受診すると双極性障害と診断され、休職して治療を受けていましたが、復職すると再び症状が悪化してしまいました。めまいや吐き気、頭痛、発熱などの症状が続き、長期の仕事に就くことができなくなりました。倦怠感や気力の低下などから日常生活にも支障が出るようになり、障害年金の請求を検討されご家族と一緒に相談に見えました。
続きを読む >>

双極性障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(30代・女性) 小さい頃から厳格な父親に育てられ、テストの点が下がっただけでバットの上に座らされ叩かれるなどDVを受け続けていました。小学校5年生からリストカットを始め、高校生の時には自殺願望が強くなり精神科を受診していました。社会人になり結婚をして精神的に安定していた時期もありましたが、夫からのDVをきっかけに病気が再発してしまいました。数年後には優しい夫と出会い再婚もしましたが
続きを読む >>

双極性障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(30代・女性) 障害年金の請求をするために年金事務所で説明を受け書類をもらいましたが、体調も不良が続き、病歴就労状況等申立書の作成などの準備もできないため相談にみえました。 社労士による見解 発病のきっかけや通院歴などを詳しく聞き取り、病歴を作成するとともに、診断書に記載されていない様子は家族の申立書を作って補いました。障害基礎年金を認定日に遡って請求しました。 結果 障害
続きを読む >>

双極性障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(50代・女性) 気分が不安定になることが増え、始めは更年期の症状だと思っていました。物忘れがひどく、誰も自分を理解してくれないと感じ、孤独感が強く希死念慮もおこりました。症状をネットで調べるとうつ病なのではないかと、思うようになり病院を受診すると、双極性障害と診断され入院を勧められるほどの状態でした。 社労士による見解 うつ状態だと家事や身の回りの事が全くできなくなり希死念慮が
続きを読む >>

双極性障害で障害厚生年金3級を受給したケース

相談時の状況(50代・男性) 20年くらい前から体調が悪くなることがあり、仕事に負担を感じていました。頑張っても上司からの評価も低く、努力も認められないことから気持ちが落ち込むようになり、精神科を受診しました。医師からは療養を勧められ、傷病手当金を受給しながら休職と復職を繰り返していました。そう状態では過活動になり、衝動買いが増え復職もできるのですが、うつ状態になると希死念慮が強くなり家から出ら
続きを読む >>

双極性感情障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・女性) 人に合わせることが苦手で、友達とうまく付き合うことができず、学校で孤立していました。中学の頃から不登校になり、自宅で勉強をして大学まで進学しましたが、大学でも友達ができませんでした。就労しても、指示が理解できずミスや間違いが多く、周りに合わせることができませんでした。想定外のことにパニックになり、些細なことでイライラするなど感情のコントロールもできませんでした。障害
続きを読む >>

双極性障害により障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・女性) 後輩の指導を任されている時に知人が亡くなりストレスが重なりました。その頃からうつ症状が出始め、仕事が負担に感じるようになりました。休職しても症状が改善せず退職しました。うつ症状が何カ月も続き、その間は自宅に引きこもりましたが、突然そう状態になることもありました。体調のコントロールができないため、他者と関わることもできませんでした。年金を請求しようと年金事務所に行き、
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-570-3953
Zoomによるオンライン面談実施中。ご希望の場合はお申込みのときに「オンライン面談希望」とお伝えください。
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付