うつ病で障害厚生年金 3級を受給したケース

相談時の状況(20代・女性)

朝仕事に行く前に強い眼精疲労と頭痛、倦怠感に襲われることが頻繁にありました。通勤途中で過呼吸になることもあり、病院を受診するとうつ病と診断されました。医師からは、仕事ができる状態ではないので休んでゆっくりした方がいいと言われ、休職をしていましたが、体調が戻らずそのまま退職になってしまいました。退職後も症状は改善せず、他の就職先を探してもすぐに辞めざるを得ない状況が続いていました。今の病状で障害年金の受給ができるかどうか知りたいと相談がありました。

社労士による見解

初めて病院を受診したときに厚生年金に加入していたため障害厚生年金の請求ができる方でした。うつ病の症状から、継続して働くことができないため障害厚生年金を受給できる可能性があると判断し、申請のサポートをさせていただきました。

結果

障害厚生年金3級に認められ、年額約58万円受給することができました。最初は、短時間労働や障害者雇用などの負担の少ない仕事で無理なく働けるように応援しています。

うつ病の最新受給事例

精神障害の最新受給事例

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-570-3953
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付