うつ病、摂食障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(30代・女性)

ストレスから過食になり太っていきました。少し太ったことを友達から指摘され、痩せたいという強迫観念が強くなり、食べたものを吐くようになりました。体重もどんどん減っていき、胃酸で歯が溶けてボロボロになるほどの摂食障害になりました。栄養不足で腎機能なども低下もあり、うつ病も併発していることから相談にみえました。

社労士による見解

20歳以降の国民年金の保険料はほとんど未納でした。20歳前に摂食障害で通院していたため、20歳前の通院していたことを証明する必要がありましたが、すでにその病院はありませんでした。当時の医療関係者や友人にも協力しもらい細かく調査を行った結果、摂食障害で通院をしていたことを知っていた医師に第三者証明を書いてもらうことができました。20歳前障害として申請を行いました。

結果

無事に障害基礎年金2級に認められ78万円受給することができました。難しい申請でしたが受給できて良かったです。

うつ病の最新受給事例

精神障害の最新受給事例

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-570-3953
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付