その他精神障害

障害等級は日本年金機構の認定医が「裁定」といわれる決定をしています。
精神障害の認定基準について詳しくはこちら、 またてんかんの認定基準についてはこちらをご覧ください。

「自分も障害年金に該当する可能性があるのでは?」と思いになった方はぜひご相談ください。
初回相談は無料です。

持続性気分障害・軽度知的障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(50代・女性) 産後うつを発症し、病院を受診しました。気分の落ち込みが続き、症状がなかなか改善しないため、いくつかの病院を受診したところ、軽度知的障害の可能性があると言われ、知能検査を受けました。その結果、軽度の知的障害の診断も受けました。定職に就くことができず、将来に不安を感じ相談にみえました。 社労士による見解 日常生活の様子では、金銭管理や買い物、掃除や料理などの家事にも
続きを読む >>

自閉症スペクトラム障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・男性) 言葉の遅れがあり幼稚園では、他の園児にいじめられてよく泣いていました。小学校に上がってからも友達と遊ぶのが苦手でいじめられ不登校になることがありました。支援級に入ってからは友達もでき、高校まで卒業することができました。卒業後は家族の援助を受けながら、就労支援で実習を受けていました。就労支援事業所の支援員さんと一緒に相談にみえました。 社労士による見解 相談時には
続きを読む >>

うつ病エピソードで障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(40代・女性) 過去に障害年金の申請を行い、初診日が確定できないために却下されていました。もう一度請求して障害年金を受給したいと相談がありました。 社労士による見解 年金機構の初診日の取り扱いが、前回申請時とは変更されている部分があり、再度申請すれば障害年金を受給できる可能性がありました。20年以上うつ病のために日常生活に支障をきたし、仕事もできていませんでした。過去の申請書類
続きを読む >>

うつ病で障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(40代・男性) 会社の上司からパワハラのような嫌がらせを受けていまいした。ストレスから極度の不安や恐怖を感じ、夜眠れなくなりました。会社に行くことができなくなり受診すると「適応障害」と診断されました。抗不安薬を処方され、通院していましたが、妻から離婚を言われたことで強いショックを受け、症状が悪化し、離婚後は大きな喪失感から意欲もなくなり、実家の自室に引きこもるようになってしまいました
続きを読む >>

うつ病・強迫性障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(40代・女性) 20代後半から仕事のストレスから、うつ状態になりました。10年間ほど自室に引きこもり状態が続き、相談時も病院の通院以外は外出することはできない状況でした。仕事に就くことはできず、身の回りのことも家族の援助が無ければ難しい状況で、将来のことを心配して相談にみえました。 社労士による見解 10年ほど引きこもり状態が続いていて、全く外出できていないことや、料理、掃除、買い物
続きを読む >>

器質性人格障害・軽度精神遅滞で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(30代・男性) 就労支援施設の指導員の方からの紹介でお父様と一緒に来所されました。もともと軽度の精神遅滞がありましたが、特に病院を受診されていませんでした。学校卒業後、介護の仕事を転々としましたが、どこも長続きしませんでした。車が大破するほどの交通事故を起こしたことがきっかけで、易怒的で気持ちの抑制がきかない性格が変わり、キャバクラ通いでお金を浪費するような状況でした。 社労士による
続きを読む >>

うつ病エピソード・強迫性障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(40代・女性) Yさんには長い間、うつ病と強迫性障害の症状がありました。うつ病の症状が出てしまうと、気力が減退し外出すら困難な状況でした。なんとか病気を治したいと思い通院は2、3週に1回のペースでしていましたが、症状は改善しませんでした。強迫性障害のために入浴ができないことが多く、日常生活も乱れてしまい、次第に自室にひきこもってしまうようになりました。家族のサポートがあるため、なんと
続きを読む >>

アルツハイマー・発達障害で障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(60代・男性) 幼少期から落ち着きがなく、忘れ物が多く、細かい作業が苦手でした。学校を出てからはずっと営業の仕事でしたが、事務仕事がまったくできず、書類のミスなどが非常に多かったため、仕事上でトラブルになることも多かったのですが、営業の成績が高かったので自分では問題ないと思っていました。しかし年を重ねるごとに周囲とのトラブルが目立ち始め、会社から病院に行くよう指摘され受診したところア
続きを読む >>

うつ病・パニック障害で障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(30代・女性) Oさんは職場の人間関係のトラブルから不眠や食欲不振、腹痛などの症状が続き、うつ病と診断されました。治療を受け続けていましたが、休職や転職をしても症状は次第に悪化し、ほとんど外出ができなくなりました。週のうち2、3日は寝たきりになり、人と会話をするだけで疲れ切ってしまうため家族とのコミュニケーションもストレスに感じてしまうほどでした。 社労士による見解 うつ病の症状が非
続きを読む >>

細菌性髄膜炎で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・男性) 特別支援学校を退学になってから就労支援を受けて働こうとしましたが、うまく就職できませんでした。父親の会社に縁故入社させてもらい、障害者雇用でなんとか働くことが出来ているという事でした。ひと月に10万程度の給料があるので障害年金をもらうことが出来るか不安ということでした。 社労士による見解 職場では、多くの配慮を受けて、なんとか働くことが出来ていました。仕事の内容は単純
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-570-3953
Zoomによるオンライン面談実施中。ご希望の場合はお申込みのときに「オンライン面談希望」とお伝えください。
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付