ストーマ 尿路変更

障害等級は日本年金機構の認定医が「裁定」といわれる決定をしています。
癌(がん)の認定基準について詳しくはこちら肛門・直腸・泌尿器の認定基準についてはこちらをご覧ください。

また「自分も障害年金に該当する可能性があるのでは?」と思いになった方はぜひご相談ください。
初回相談は無料です。

クローン病で障害厚生年金3級を受給したケース

相談時の状況(50代・男性) 数年前からクローン病になり、人工肛門の造設手術を受けましたが、その後も腹痛などの症状が続き、また人工肛門も不具合が多く仕事を休むこともありました。発病前は、運転手の仕事をしていましたが、発病後は内勤になり収入が大幅に減ってしまいました。将来に大きな不安を抱え、障害年金の相談にみえました。 社労士による見解 人工肛門を造設しているので障害年金の3級相当に該当すると
続きを読む >>

人工肛門で障害厚生年金3級を受給したケース

相談時の状況(40代・男性) 他の病気で通院していましたが、血液検査に異常があり、専門医の紹介を受けて検査をしたところ大腸がんとわかりすぐ手術をし,人工肛門となりました。他の病気で体調も良くないので今後のことを考えて障害年金を受給したいと相談にみえました。 社労士による見解 人工肛門を初診日より1年半以内に造設した場合には、人工肛門を増設してから半年後が認定日となります。造設後半年経っている
続きを読む >>

直腸がん(人工肛門)で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(40代・女性) Aさんは前々から血便がでていましたが、あまり気にしていませんでした。血便がひどくなったことをきっかけに病院を受診し、大腸がんと診断され、人工肛門設置手術を受けました。年金事務所に障害年金について尋ねると「人工肛門は3級だから初診日に厚生年金に加入していない人はもらえない」と説明を受けていました。その後、大腸がんは肝臓へ転移し、抗がん剤治療により体調は悪化する一方でした
続きを読む >>

子宮頸がん(人工肛門・人工膀胱)で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(50代・女性) Nさんは大量出血をきっかけに病院を受診し、子宮がんのステージ2と診断されました。抗がん剤治療も効果はなく、症状が進み人工肛門と人工膀胱を増設する手術を受けました。その後も症状の改善はみられず、当事務所に相談にみえました。 社労士による見解 Nさんの場合、①人工肛門と人工膀胱を両方造設している(2級相当)②手術した日は初診日から11か月後、というのがポイントでした。年金
続きを読む >>

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-570-3953
Zoomによるオンライン面談実施中。ご希望の場合はお申込みのときに「オンライン面談希望」とお伝えください。
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付