脳梗塞で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(40代・女性)

物が掴みにくく、めまいの症状が出始め、脳神経外科を受診すると、脳梗塞と診断されそのまま入院し、3か月治療を受けましたが、後遺症が残り、左手首が固まって動かない状況でした。リハビリ治療をしても改善することがなく、指先も丸まったまま硬直し、ものを持つことや作業をすることができなくなってしまいました。家事や身の回りのこともほとんど一人ではできなくなってしまったため、障害年金の申請を希望され、ご本人がご相談に見えました。

社労士による見解

聞き取りの内容から、初めて病院にかかった時に国民年金に加入されていたこと、脳梗塞の後遺症で左手首から先が動かず、指の機能もなくなっていること、現在は手を使った作業がほとんどできない状況であり日常生活にも大きな支障が出ていること等から、障害基礎年金を受給できる可能性が高いと判断し、申請をしました。

結果

障害基礎年金2級に認められ年額約100万円に加え、遡及金額約424万円も受給することができました。障害年金の受給が今後の生活のお役に立つことを願っております。

受給事例の最新記事

脳出血・脳梗塞の最新記事

脳疾患の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-570-3953
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付