多発性硬化症

多発性硬化症で障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(30代・女性) 勤務中に突然激しいめまいの症状が現れ、幾つかの病院を受診したところ多発性硬化症との診断を受けました。体のふらつきなどの症状に加え、薬の副作用から視野欠損や視力低下、聴力低下などがあり、日常生活を送ることができないという状況でした。病状が次第に悪くなってきたため、障害年金の受給を検討されて当事務所に来られました。 社労士による見解 初診日に厚生年金に加入していて納付要件
続きを読む >>

多発性硬化症で障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(30代・男性) Kさんは目が震える症状に悩まされるようになりました。眼科では原因が分からず、総合病院でようやく多発性硬化症と診断されました。症状は悪化し、眼以外にもしびれや感覚麻痺などの症状が出始めたため、当事務所に相談にみえました。。 社労士による見解 Kさんから詳しい病状をお伺いしました。①足にしびれや感覚低下、歩行障害が出ている②家族の介助を受けて日常生活を送れているという状態
続きを読む >>

多発性硬化症で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(40代・女性) Tさんは高校生の頃から物が二重に見えるようになりました。病院で多発性硬化症と診断されました。その後も症状は悪化し、歩行や認知機能などにも支障が出始めました。障害年金の申請ができないか、ということで当事務所に相談にみえました。 社労士による見解 ご本人からの聞き取りで①視力、脳、肢体と様々な症状が出ている②日常生活に支障が出ており、家族の援助を受けていることが分かりまし
続きを読む >>

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-570-3953
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付