トピックス

年末年始のお知らせ 12月29日~1月4日

年末年始のお知らせ 当事務所の年末年始の休業日につきまして、下記のとおり休業日とさせていただきます。 期間中はご不便おかけいたしますが、何卒ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。 なお、休暇中のご用命については、メールにてお願い致します。 <年末年始の休業日> 2022年12月29日(木)~2023年1月4日(水) ※休暇中のお問い合わせにつきましては、2023年1月5日(木)以
続きを読む >>

登戸オフィスが移転しました

  事務所概要 名 称 ソレイユ障害年金サポートセンター(登戸オフィス) 代 表 社会保険労務士 高須 久二子 住 所 〒214-0021 神奈川県川崎市多摩区宿河原1丁目29-3リバーサイド登戸103 電話番号 044-223-6526 平日9:00〜17:00(土日祝除く) E-mail こちらをクリックくだ
続きを読む >>

令和4年7月1日より診断書が変わりました

国民年金・厚生年金保険障害認定基準の診断書様式の改正について 令和4年7月1日から 「肢体の障害者用」「眼の障害用」「精神の障害用」 の診断書が変わります。 「肢体の障害者用」の変更箇所 診断書の記入上の注意の裏面の参考図に変更箇所があります。 「眼の障害者用」の変更箇所 診断書の⑩の(2)の箇所に変更があります 「精神の障害者用」の変更箇所 診断書裏面「キ」の箇所に変更があ
続きを読む >>

令和4年4月から生活支援金の金額が変わりました

令和4年4月分(6月15日支払い分)からの年金額 年金生活者支援給付金の給付基準額は、物価の変動に応じて、毎年度改定を行う仕組みとなっており、令和4年度は昨年度から0.2%の減額改定となります。 支援給付金の給付基準額 障害年金生活者支援給付金 令和3年度(月額)       令和4年度(月額)  1級  6,288円   →    1級 6,275円  2級  5,0
続きを読む >>

令和4年4月1日から「眼の障害」の認定基準が変わりました

障害認定基準の改正されました。今まで該当しなかった方が該当する可能性があります。 ・「両眼の視力の和」から「良い方の眼の視力」による障害認定基準に変更します。 改定後の視力の認定基準 1級 視力の良い方の眼の視力が0.03以下のもの 視力の良い方の眼の視力が0.04かつ他方の眼の視力が手動弁以下のもの 2級 視力の良い方の眼の視力が0.0
続きを読む >>

統合失調症 厚生基礎2級をもらったケース

相談時の状況(40代・男性)  ご自宅を新築し、ローン返済のため本業のほかにアルバイトもされていました。 とても忙しくイライラしていたようです。 そのうち幻覚、幻聴、妄想が現れるようになりました。 仕事に行けなくなり傷病手当金受給していましたが受給できる期限が迫ってきたため、今後の生活を考えて障害年金を申請しようと思いました。 しかし、ご自分での申請は難しかったので相談にみえました。 社労士による
続きを読む >>

反復性うつ病により障害基礎年金2級をもらったケース

相談時の状況(20代・男性)  大学生の時、突然の母親を亡くしました。 深い喪失感に包まれ、それからは気分が落ち込み、動悸が起こるようになりました。 動悸が激しく救急搬送されることもあり、とうとう一人暮らしが出来なくなり大学にも通えなくなりました。 実家に戻ってからも、常に不安に襲われ不眠状態が続いていました。 何もできず引きこもりの生活をしていましたが、何とかしたいという思いで障害年金の申請を考
続きを読む >>

子宮頸がん術後放射線性腸炎により額改定で障害厚生年金2級をもらったケース

相談時の状況(50代・女性)  子宮頸がんになり摘出手術後に放射線治療を受けました。 治療の副作用で腸閉塞を起こして入院しました。 下痢と嘔吐が続き食べ物を受け付けない状態が続いていました。 本来ならば、仕事を続けられる状態ではありませんでしたが、ご主人が持病を持っていたため体力が落ちた状況でも仕事をやめることが出来ませんでした。 そのタイミングで1回目の申請をしましたが、収入を得ていたため症状は
続きを読む >>

結合性組織病他で障害基礎年金2級をもらったケース

相談時の状況(20代・男性)  高校生の頃、発熱し病院を受診するとシェーングレン症候群と混合性結合組織病と診断されました。 継続的に治療は続けていましたが、全身性エリテマトーデスなど複数の病気を発症し、5年前からは腎臓機能が低下してしまい人工透析が始まりました。 通院している病院から障害年金の申請を勧められましたが、ご家族が区役所に相談にいっても手続きが複雑で分からないため来所されました。 社労士
続きを読む >>

多発性硬化症で障害基礎年金2級をもらったケース

相談時の状況(40代・女性)  高校生の頃から物が二重に見えるようになり異変を感じました。 病院を受診し何度か検査を受け多発性硬化症と診断されました。 それからはステロイド治療が始まりました。 治療の副作用で緑内障になりその手術も経験しました。 30歳を過ぎた頃から、徐々に歩き難くなりました。 歩行や認知機能などにも支障が出始め、ご両親にも介助をお願いしながら治療を継続されておりました。 主婦でも
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-570-3953
Zoomによるオンライン面談実施中。ご希望の場合はお申込みのときに「オンライン面談希望」とお伝えください。
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付