うつ病で障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(30代・女性)

仕事のストレスから不眠などの体調不良が続いていました。病院を受診すると双極性障害と診断され、休職して治療を受けていましたが、復職すると再び症状が悪化してしまいました。めまいや吐き気、頭痛、発熱などの症状が続き、長期の仕事に就くことができなくなりました。倦怠感や気力の低下などから日常生活にも支障が出るようになり、障害年金の請求を検討されご家族と一緒に相談に見えました。

社労士による見解

初めて病院を受診したのが厚生年金加入中であったこと、うつ状態では気持ちの落ち込みが強まる時期が続き、外出や身の回りのことをするのも難しい状況であったこと、生活全般に家族の援助が不可欠であったこと等から、障害厚生年金を受給できる可能性が高いと判断し、請求手続きサポートを行いました。

結果

障害厚生年金2級に認められ、年額約130万円を受給することができました。

双極性障害の最新受給事例

精神障害の最新受給事例

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-570-3953
Zoomによるオンライン面談実施中。ご希望の場合はお申込みのときに「オンライン面談希望」とお伝えください。
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付