広汎性発達障害により障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・男性)

チックの症状があり、幼い頃から人とコミュニケーションをとるのが苦手でした。小学校低学年から不登校で病院を受診し、発達に偏りがあると言われました。中学卒業までフリースクールに通いましたが、卒業後は引きこもりが続き仕事ができませんでした。20歳になる少し前に相談にみえました。

社労士による見解

他人の目が気になり、自宅にひきこもっていました。ほとんど外出ができず、ひきこもりのサポートセンターのサポートを受けていました。将来に対する不安が強く希死念慮もあることから、障害年金を受給することで安心して日常生活が送れるようになればよいと感じました。

結果

障害基礎年金2級に認められ780,100円受給することができました。将来に対する不安が少し軽くなったと喜んでくださいました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-570-3953
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付