うつ病で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・女性)

うつ病の母親と2人で暮らしていましたが、孤独を感じていました。学校にもほとんど行くことができず、高校は退学してしまいました。上手くいかないことを母親のせいにするようになり、母親に暴言を吐き暴力を振るうようになりました。仕事を始めても職場で発狂状態になることもあり、どこの長く続きませんでした。自宅に引きこもり、母親への暴力や暴言が続いている中、母親が相談にみえました。

社労士による見解

感情のコントロールができず、イライラすると暴力的になり、所かまわず発狂状態になるようでした。遺族年金をもらっている母親が、最低限の身の回りのこと手伝っていましたが、母親の体調も悪く、娘さんの生活を支えるためには障害年金が必要だと思いました。

結果

障害基礎年金2級に認められ年間約78万円受給することができました。安定した生活ができるように応援しています。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-570-3953
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付