うつ病で障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(60代・女性)

介護関係の仕事をしていましたが、仕事が常に忙しく、強いストレスから不眠や不安感などの症状が出始めました。人と会って話すことが精神的に大きな負担になるなど、症状がさらに悪化したため病院を受診すると、うつ病と診断されました。服薬治療や複数回の入院加療も受けていましたが症状は改善せず、仕事を続けることができなくなりました。人と話した後は気持ちの落ち込みが激しく、身の回りのこともできなくなってしまう状況が続いたため障害年金の受給を検討され相談に見えました。

社労士による見解

うつ病の症状により人と関わることができず、仕事や日常生活にも大きな支障が出ていました。初めて病院を受診したときに厚生年金に加入していたこと等から、受給の可能性が高いと判断し、申請をいたしました。

結果

障害厚生年金2級に認められ約113万円受給することができました。遡及も認められ遡及金額131万円も受給できました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-570-3953
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付