うつ病で障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(40代・女性)

一人暮らしをして働いていましたが、仕事のストレスが大きく、職場の人間関係もうまく築けませんでした。指示された仕事の優先順位も分からずパニックになることも多く、職場にいくと緊張してしまい余計に仕事ができなくなりました。仕事が終わると強い疲労感があり、病院を受診するとうつ状態と診断されました。薬をもらって通院していましたが、仕事に行くことができなくなり退職してしまいました。半年ほど引きこもり、再び働きだしましたが、直ぐに症状が悪化して仕事に行けなくなり、一人暮らしに限界を感じて実家に戻りました。厳格な両親に働くことを強要され、実家でゆっくり休むことができませんでした。両親と住むことにも限界を感じ、再び一人暮らしを始めましたが、就労しても、円滑なコミュニケーションが取れず孤立してしまいました。指示が理解できず、優先順位が分からず、耳からの情報が理解できないことが多く首になってしまいました。生活のため何度か就労をしましたがどこも働くことができず、生活費がないため区の福祉サポートを受けていました。

社労士による見解

感覚過敏があり、発達障害に似た症状がありました。借金が膨れ上がりその返済にも追われ、食事もほとんど取れていない状態でした。親との関係性も悪く頼れる人もいない状況であり、障害年金の受給が必要だと思いました。

結果

障害厚生年金2級に認められ年間約126万円受給することができました。 

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-570-3953
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付