うつ病・注意欠陥多動症で障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・女性)

幼い頃から他人と遊ぶことが苦手でいつも仲間外れにされていました、忘れ物が多く授業中も気が散って集中できませんでした。興味のあることには、周りの声が聞こえないほど集中できたため、大学では資格を取ることができました。就労を始めると、指示の理解できず、段取りも悪く、優先順位がつけられないなど仕事ができない上にミスが多く孤立してしまいました。会社に行こうとすると頭痛になり仕事にも行けなくなりました。想定外のことがあるとイライラしパニックを起こすこともあり、受診をすると注意欠陥多動性障害とうつ病と診断されました。その後も転職を繰りかえしていました。

社労士による見解

転職を繰り返していました。どこの職場でも仕事ができないことから孤立し、解雇されることもありました。相談時は傷病手当金の受給をしていましたが、受給期間が終了しても仕事に戻れる様子はありませんでした。強い希死念慮があり、警察沙汰になることもあり、夫から見放されて実家で身の回りの世話を受けていることから、受給ができると判断し申請サポートをしました。

結果

障害厚生年金2級に認められ年間約110万円受給することができました。  

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-570-3953
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付