広汎性発達障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(30代・女性)

広汎性発達障害と診断されていました。働いていましたが、こだわりの強さや聴覚過敏などがひどく、仕事に支障がありました。午前中だけの仕事でしたが、報告書をまとめるのに時間が掛かり、毎日帰宅が夕方になってしまいました。家の中の掃除、片付けもできず、福祉サービスの利用もしていました。自分で診断書や受診状況等証明書を依頼していましたが、自力では申請することができず専門家にお願いしたいと言って来所されました。

社労士による見解

仕事はしていましたがこだわりが強く、職場でも問題があり、支障が出ていました。日常生活にも支障が出ていることから就労していても受給できるか可能性が高いと判断し申請しました。

結果

障害基礎年金2級に認められ780100円受給することができました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-570-3953
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付