うつ病で障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・女性)

不慣れな営業の仕事のストレスから腹痛や嘔吐がひどくなり仕事に行くことができなくなりました。近所の内科を受診しても何も異常はなく、精神的なことが原因ではないかと言われ、精神科を紹介されました。精神科でうつ病と診断され服薬治療を受けるようになりましたが、その後もうつ状態は続き復職することができていませんでした。病院の先生からの紹介で相談にみえました。

社労士による見解

家族の援助を受けて何とか日常生活を送ることができていましたが、うつ状態が続き仕事に行っても嘔吐下痢を繰り返すため働くことができないようでした。認定日の頃も症状が悪かったので遡って認定日請求をしました。

結果

障害厚生年金2級に認められ年額約105万円受給することができました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-570-3953
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付