もやもや病で障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(50代・女性)

Nさんは、突然ふらつきや手に力が入らなくなる症状が現れたため、病院を受診したところもやもや病との診断を受けました。入院・手術等の治療を受けましたが、右半身の麻痺が残り、仕事や日常生活にも大きな支障が出ていました。今後も仕事を続けていくことに不安を感じ、障害年金の申請を検討され相談に見えました。

社労士による見解

初めて病院を受診したときに厚生年金に加入されていたこと、右半身の麻痺症状が重く、両手の握力も大幅に減少しているため仕事や日常生活上の動作に多大な制限があること等から障害年金を受給できる可能性が高いと判断し申請手続きをいたしました。

結果

障害厚生年金2級に認められ年間約121万円受給することができました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-570-3953
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付