広汎性発達障害・多動性障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・男性)

就労支援施設からの紹介でお父様と一緒に相談にみえました。派遣会社で働いていましたが、ミスが多くどの会社も短期間でクビになっていました。偏食がひどく、どんな料理にも大量のタバスコをかけて食べていました。外出する気力もなく一日中家の中で過ごしていました。

社労士による見解

食事、掃除、片付けなど日常生活には家族の援助が必要なことや、コミュニケーションがうまく取れないため就労が続かないことなどから障害年金の申請が可能と判断しました。
20歳前から受診しており、20歳の認定日の頃にも病院を受診していたので認定日請求を行いました。

結果

障害基礎年金2級に認められ780,100受給することができました。少しずつ社会復帰していけると良いと思います。認定日請求もみとめられ227万円がもらえました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-570-3953
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付