うつ病で障害厚生年金3級を受給したケース

相談時の状況(50代・女性)

Kさんは職場の上司との人間関係に悩み、次第に不眠や動悸などの症状に悩まされるようになりました。病院を受診するとうつ病と診断され、すぐに環境を変えるよう勧められましたが、仕事を休むことができず、治療を受けながら無理に勤務を続けていました。その後2回休職しましたが、症状が悪化していたため退職せざるを得ませんでした。身の回りのことをするのにも気力がなく、家族が食事など家のことをサポートしてくれていました。医師の勧めで障害者手帳や福祉サービスの利用を検討する中で障害年金の受給も考えるようになり、ご相談をいただきました。

社労士による見解

Kさんのうつ病の症状があり、就業に支障が出ていました。医師からも障害年金の受給を勧められていることや、初めて受診した日が厚生年金加入期間中であったことから、障害厚生年金を受給できる可能性が高いと判断して申請を行いました。

結果

障害厚生年金3級に認められ年間約58万円受給することができました。

 

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-570-3953
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付