肺がんで障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(50代・男性)

Oさんは、腕にしびれや痛みなどの不調を感じ、数か所の病院を受診したのち肺がんと診断されました。リンパ節への転移もあり、左手の指の機能も低下していました。化学療法や抗がん剤治療のため何度も入院退院を繰り返し、治療を受けていましたが、軽い動きで呼吸困難になるほどの息切れを起こしてしまうなど症状が重く、自宅では1日中横になっている状況で身の回りのことができなくなりました。

社労士による見解

肺がんの病状が重く転移や麻痺もあり、身の回りのことができないため、同居の家族が援助してくれていまいた。障害年金を受給できる可能性が高いと判断し、申請をしました。

結果

障害厚生年金2級に認められ年間約200万円受給することができました。 

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-570-3953
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付