うつ病で障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(50代・女性)

Kさんは、シングルマザーとして働きながら子供を育てていました。上司からセクハラを受けたり、新人教育を一方的に任せられるなど、仕事のストレスも多く、次第に倦怠感やめまいを感じるようになりました。病院を受診するとうつ病と診断されました。会社を休職しましたが、症状が重くそのまま退職せざるを得ませんでした。通院以外の外出がほとんどできず、身の回りのことをするのも難しくなったため、障害年金の受給を考え、当事務所に相談にみえました。

社労士による見解

最初に受診した日が厚生年金加入期間中でした。うつ病の症状が重度であることや仕事や日常生活に大きな支障があり、家事など生活全般に家族のサポートが不可欠であることからと等から障害厚生年金を受給できる可能性が高いと判断し申請を行いました。

結果

障害厚生年金2級に認められ年間約150万円受給することができました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-570-3953
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付