うつ病・パニック障害で障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(30代・女性)

Oさんは職場の人間関係のトラブルから不眠や食欲不振、腹痛などの症状が続き、うつ病と診断されました。治療を受け続けていましたが、休職や転職をしても症状は次第に悪化し、ほとんど外出ができなくなりました。週のうち2、3日は寝たきりになり、人と会話をするだけで疲れ切ってしまうため家族とのコミュニケーションもストレスに感じてしまうほどでした。

社労士による見解

うつ病の症状が非常に重く、家事など身の回りのことをサポートしてくれるご家族がいなければ日常生活を送ることができませんでした。初診日が厚生年金であることから、障害年金が受給できる可能性が高いと判断し申請を行いました。

結果

障害厚生年金2級に認められ年間約137万円受給することができました。 

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-570-3953
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付