多発性硬化症で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(40代・女性)

Tさんは高校生の頃から物が二重に見えるようになりました。病院で多発性硬化症と診断されました。その後も症状は悪化し、歩行や認知機能などにも支障が出始めました。障害年金の申請ができないか、ということで当事務所に相談にみえました。

社労士による見解

ご本人からの聞き取りで①視力、脳、肢体と様々な症状が出ている②日常生活に支障が出ており、家族の援助を受けていることが分かりました。診断書を複数枚取る方法もありましたが、Tさんの負担を考え、一番症状の重い肢体に照準を絞り、肢体の診断書を使って申請しました。

結果

障害基礎年金2級に認められました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-570-3953
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付