気分変調症により障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(40代・女性)

結婚後に家事や育児中などで些細なことでイライラするようになり、感情のコントロールができなくなりました。不安が強く些細な事でもパニックになるため夫勧めで病院を受診したところ気分変調症と診断されました。家事や育児、身の回りのことも出来なくなり、障害年金の申請をしたいと思い相談にみえました。

社労士による見解

ご本にからの聞き取りから①家事ができない①育児ができないほど症状が悪い状態であることから認定日に遡って障害年金の受給の可能性があると判断し、申請を行いました。

結果

障害基礎年金2級に認められました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-570-3953
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付