統合失調症により障害厚生年金2級をもらったケース

相談時の状況(50代・女性)

15年程前に突然、頭から空気が抜けた気がしました。

徐々に動悸や腹痛などの症状が出始め、耳元で自分の悪口を言う声が聞こえるようになりました。

何もする気力がなく、体がだるく座っているだけでも苦痛になり、仕事を続けることもできなってしまいました。

就寝前に自分の悪口が聞こえる幻聴が増えてきました。

掃除・洗濯・食事の支度などの支度ができないため、常に父親に助けてもらっている状態で相談にみえました。

社労士による見解

幻聴があり、仕事をすることができない様子でした。

倦怠感が強く動悸や腹痛などの症状もあり身の回りのこともできず父親に世話をしてもらっていることから障害年金が受給できると思いました。

受任してから申請までに行ったこと

認定日請求をしようとしましたが、認定日の頃に通院していた病院がなかったため事後重症請求に切り替えました。

初診日に受診した病院の総合診療内科では初診証明を書くことができないと回答されましたが、転科先の精神科で受診状況等証明書を書いてもらうことができました。

診断書を依頼した医師は障害年金をよく理解されていて、請求者の症状などとても詳しく書いてくれました。

結果

無事に障害厚生年金の2級に認められました。

今回は15年も前から統合失調症の症状に悩まされ、仕事や日常生活にも大きな支障がありましたが障害認定日の頃に病院の受診がなく認定日請求が出来ませんでした。

仮に初診日から1年半経った障害認定日に症状が軽い場合でも、その後症状が悪化した時に申請をすれば障害年金はもらえます。

相談者の中には、少し前はすごく症状が悪かったと言われる方がいますが、症状の悪い時に申請すれば受給できる可能性は高くなります。

障害年金の制度を知っていれば、請求のタイミングを逃すことも少なくなります。

障害年金を多くの方に知ってもらうため、私たちはこれからも積極的に年金制度の周知活動を行っていきます。        

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-570-3953
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付