急性大動脈解離による受給事例

相談時の状況

仕事中に突然胸に激痛があり、救急搬送されて人工血管を装着されていました。自宅で療養されてい中での相談でした。

 

社労士による見解

仕事中の初診で人工血管を施術されているので厚生年金3級の請求が可能と判断しました。

 

受任から申請するまでに行たこと

人工血管を施術した日を認定日として請求しました。

医療機関への診断書の受取等、療養中のご本人様の代わりにできる手続きをサポートしました。

 

結果

障害厚生年金3級に認められました。

 

障害年金の場合、病状や施術等に初診日から1年半経った認定日よりも早く請求できるケースがあります。

もっと早く請求すれば良かったと後悔されることのないように、是非専門家にご相談下さい。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-570-3953
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付