反復性うつ病・発達障害により障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(50代・女性)

子共の頃から忘れ物が多く授業に集中できないことがありケガが絶えませんでした。就職してもすぐに人間関係のトラブルに巻き込まれ自分でもどうしていいのか分からない状態が続いていました。結婚もしましたが夫婦関係も悪くなり離婚してしまいました。初めの頃はうつ病と診断されていましたが、転院を繰り返すうちに発達障害と診断され相談にみえました。

社労士による見解

発達障害による二次障害を起こしていました。8件目の病院で初めて発達障害と診断されて今までどうして他の人と違うのかを悩んでいた理由が分かり少しほっとされているようでした。うつ病の症状が悪化しているため障害年金の申請が可能と判断しました。

結果

障害厚生年金2級に認められ年間約152万円受給することができました。結果が出たころには治療方法も変わり少し元気になっているようで安心しました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-570-3953
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付