うつ病により障害基礎年金2級を受給したケース 遡及金額約400万円受給

相談時の状況(20代・男性)

大学在学中から確認行動がひどく、20歳の頃は強迫性障害と診断されていたため、障害年金の請求は出来ないとあきらめていました。相談時はうつ病と診断されていましたが、認定日時点から同じような症状が続いていました。

社労士による見解

うつ状態のため家に引きこもっていて就労ができないこと、日常生活は自力で行えず祖母の援助が必要なことから障害年金の請求が必要でした。うつ病の症状は20歳のころから続いていることからカルテの内容次第では認定日請求もできると思いました。

結果

障害基礎年金2級に認められ年間78万円受給することができました。5年間の遡及分約400万円も受給することができました。少しずつでも外出ができるようになってほしいと思います。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-570-3953
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付