双極性障害・うつ病で障害厚生年金3級を受給したケース

相談時の状況(30代・男性)

SEをしていました。人間関係のトラブルが絶えず、ストレスで不眠になりました。産業医からうつ病と診断されました。結婚をきっかけに退職しましたが、症状は重くなる一方でした。気に入らないことがあると食事を床に投げたり、家族に包丁を振り回すなど、問題行動も増えていき、保護入院することになりました。入院先では双極性障害と診断されました。薬物療法の効果があり、問題行動は減りましたが、調子が悪いと寝たきりになり、仕事も家事も出来ない状態でした。不安に思った家族の方が相談に見えました。

社労士による見解

一時期よりは快方に向かっているとはいえ、まだま日常生活にも支障があり、障害年金の受給が必要な状態だと考えました。

結果

障害厚生年金3級に認められ約58万円を受給することができました。

今回は初診の証明がれない難しいケースでした。初診の証明が取れない場合はそれに代わる証明の方法もあります。そのような場合は是非、障害年金サポートセンターへご相談ください。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-570-3953
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付