発達障害(知的障害)で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・男性)

Hさんは幼少の頃に発達の遅れを指摘され、高校は支援高等学校に進学しました。卒業後、障害者枠で流通関連の仕事に就き、20歳を機に保護者が障害年金の申請を行いましたが「不支給」となってしまいました。同僚のほとんどが障害年金の受給をしていることもあり、「不支給」には納得することができず、Hさんの母親が当事務所に相談にみえました。

社労士による見解

母親からHさんの様子を聞き取りすると①日常生活は母親サポートなくして日常生活は送れない②ジョブコーチのサポートがあることで何とか仕事ができている状態であることから、受給の可能性があると判断しました。当センターで再申請を行い、無事受給できました。

結果

障害基礎年金2級に認められました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-570-3953
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付