ギランバレー症候群(肢体障害)で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(50代・女性)

Aさんは突然手足が腫れ、発熱、しびれや眠れないほどの激痛など、様々な症状に悩まされるようになりました。通院を続け、ギランバレー症候群という病名が判明するまで数年かかりました。症状は重くなっていき、障害年金の存在を知ったAさんは、2年間準備をして自分で申請しました。結果は不支給でした。どうにかならないか、という思いで当事務所に相談にみえました。

社労士による見解

Aさんの症状はとても重く歩行にも支障が出ていました。不支給の原因としては、①病歴申立書の整理が出来ていなかった②診断書の記載が不足していたという点が考えられました。詳細なヒアリングを元に診断書を再作成してもらい、再申請で受給につなげることができました。

結果

障害基礎年金2級に認められました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-570-3953
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付