知的障害により障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(50代・男性)

生まれた時に脳に血栓があり、知的障害と診断されていました。学校では友達もほとんどなく、授業はついていけませんでした。大学を卒業後、就職をしましたが一般就労ができないため、障害者手帳を取得して20年程前からに百貨店に就職しました。区役所で障害年金がもらえるのでは言われ相談にみえました。

社労士による見解

ご本にからの聞き取りから①他人との交流がなく日常生活でできることが限られていること②仕事内容は単純で簡単なものであり職場で十分に配慮を受けていることから障害年金の受給の可能性があると判断し、申請を行いました。

結果

障害基礎年金2級に認められました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-570-3953
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付