糖尿病により障害厚生年金1級を受給したケース

相談時の状況(40代・男性)

Gさんは長期にわたり糖尿病で通院していました。しかし食事療法や生活改善がなかなか実行出来ずにいました。ある朝目を覚ますと40度近くの熱が出ており、動くことも出来ず救急車で搬送されました。緊急手術で左足を切断することになりました。その後、入院中に症状がさらに悪化し、人工透析も開始されたというお話でした。

社労士による見解

以前、当事務所でうつ病で申請し障害厚生年金を受給していた方でした。その際に糖尿病を患っていたため、合併症に備えて聞き取りや初診証明書を取得していました。合併症で足の壊疽があることをしり、迅速に申請サポートが出来ました。足切断で申請した後に人工透析も始まったことから、更新を待って併合手続きを進めることになりました。

結果

障害厚生年金1級に認められました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-570-3953
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付