網膜色素変性症で基礎年金1級を受給したケース

相談時の状況(30代・男性)

子供の頃から視力が悪く眼鏡をかけていましたが、20歳の頃から急に視野が狭くなりました、交通事故を起したことがきっかけで受診すると網膜色素変性症と診断されました。障害者雇用では収入も少なく生活に不安をかかえて相談にみえました

社労士による見解

面談時の様子では①視野も狭く視力もない②遺伝性の病気で子供のころから眼科に通っていたため20歳前障害で受給できる可能性があると判断しました。受診した病院ではカルテがないため、初診の証明書の代わりに中学・高校の先生の申立書を使って申請を行いました。

結果

障害基礎年金2級に認められました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-570-3953
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付