Ⅰ型糖尿病で障害厚生年金3級をもらったケース

相談時の状況(20代・男性)

自衛隊に勤務して3年目、訓練中に頭痛、吐き気、耳のつまり、のどの渇き、多尿の症状がありました。医務室を受診すると、血糖値が異常に上昇していると指摘され、そのまま入院になりました。風邪が原因の劇症型の糖尿病ではないかと言われました。その後、インスリン注射による治療を継続することになりました。病気のため自衛隊の厳しい訓練に耐えられなくなり民間企業に転職しましたが、微熱や倦怠感のため、残業などができず収入が減ってしまったようです。通院費がかかるので障害年金を申請できないかとメールで相談を受けました。

社労士による見解

障害厚生年金3級の基準に該当すれば受給が出来ると思いました。

受任してから申請までに行ったこと

自衛隊の医務室に証明書の依頼が出来るか問合せをしました。自衛隊は独特なルールがあるので証明書の依頼に少し時間がかかりましたが無事入手できました。認定基準の資料を添付して通院中の病院に診断書の依頼をしました。

結果

障害厚生年金3級に認められました。

コメント

糖尿病の認定基準は治療を行ってもなお、血糖コントロールができない場合に対象となってきます。インスリン治療を受け就労していても条件を満たせば受給が可能になります。微熱や倦怠感で仕事ができないと減収してしまいますので、それを補うために障害年金の受給ができると良いと思います。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-570-3953
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付