慢性炎症性脱髄性多発神経症で障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(40代・男性) 

玄関先で転びけがをして整形外科を受診されました。

受診時に医師から手のやせ方がおかしいので、すぐに大きい病院を受診するよう紹介状を出されました。

総合病院で精密検査を受けると慢性炎症性脱髄生多発神経炎と診断されました。

徐々に手足に力が入らなくなり、階段の上り下りも出来なくなりました。

職場では、接客やパソコンを使った仕事などに支障が出はじめ仕事を続けることができなくなってしまいました。

しばらくは傷病手当金を受給しましたが受給期間が終わっても復職できる状態ではないので、障害年金の申請ができないかとお父様と一緒に相談にみえました。

社労士による見解 

相談時には、手足に力が入らないのでお父様の付き添いが必要な状態でした。

進行性の病気であることを考え、今後の生活には生活保障となる障害年金が必要だと思いました。

初診日を慎重に精査し、認定日請求の可能性の有無を探る必要があると思いました。

受任してから申請までに行ったこと

認定日の頃の症状を詳細に確認いたしました、CIDPには珍しいタイプの型だった為、完全な治療法がないようでした。
初診日を確定し、障害認定日時点には既に補助具が必要な状態であったことから、認定日の診断書を依頼しました。

結果

認定日より障害厚生年金2級に認定されました

コメント

今回、ご相談を受けた際には手帳を取得していらっしゃいませんでしたので、障害年金の請求と一緒に障害者手帳の取得もご案内しました。

障害年金の受給が決まった後、会社からは契約社員の更新が難しい旨の連絡が入りましたが、障害者手帳を取得して、障害者雇用で社会復帰を目指していかれるようです。

良い会社と出会って、仕事が長く続けて頂きたいと思います。

当センターは、障害を負ってしまった方が、障害年金制度を利用することにより、希望を持って人生を豊かに過ごして頂けるように応援しております。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-570-3953
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付