うつ病性障害により障害厚生年金2級をもらったケース

相談時の状況(30代・男性) 

100時間を超える残業が続いていました。体が怠くて仕事に行きくことができなくなり休業補償を受けて休んでいました。通院して自宅療養をしながらいると少し症状が改善してきたため復職しましたが、再び残業が増え始め体調が悪化してしまい、やむを得なく退職してしまいました。その後も別の会社に就職しましたが、症状が再び悪化してしまい相談に見えました。

社労士による見解

過重労働によるうつ病でした。日常生活能力の聞き取りからは障害年金が請求できると思いました。

受任してから申請までに行ったこと

仕事ができる状態ではありませんでした。医師には現在の症状にあった診断書を書いて頂くように依頼しました。病歴を整備して申請しました。

結果

障害厚生年金の2級に認められました。 安心して療養に専念して頂きたいと思います。

会社で100時間を超える労働をされられていれば、誰でも精神的に参ってしまいます。うつ病は治る病気ですが、ゆっくりの休養と治療が必要だと思います。少し生活のために少し体調がよくなると復職されますが、再びうつ症状が悪化してしまうことがあります。傷病手当金や休業補償、障害年金などの生活保障があれば安心して療養に専念して頂けると思います。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 053-570-3953
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会実施中!
無料メール相談 専門家がお応えします 24時間受付